« 最近ちょっと好きな曲 | トップページ | 2月14日の出来事 »

2008年2月21日 (木)

お風呂で暮らす

Sdsc00688 僕は長風呂が苦手だ。

温泉もお風呂も好きだけど熱いのに弱いらしい。
すぐのぼせる。
でも、露天風呂なんて大好きだから、ほんとは雪でも見ながらゆっくりしたいのに、入っちゃ出のくりかえし。

そんなだから自宅での風呂タイムは当然短い。
ちゃっと洗ってちゃっと出る。
そもそも僕は釣りキチ三平の影響で(分かる人にはわかる)、「早飯早ぐそ早走り」、つまりなんでも早いほうがいいと思っているフシがあるので。

お風呂に入る時間帯も、朝か出掛ける前が常だった。
シャワーだけで十分、お湯につかるなんてめんどくさい。

ところが、数年前からちょっと変わってきた。
「半身浴」っつーのを教わったからだ。
ほら、あの、ぬるめのお湯で上半身出して(?)長い時間つかるやつ。

やってみたらこれがなかなかいいわけですよ。
僕の場合はたっぷりのぬるぬるのお湯に、どぶんとつかるので「半身浴」ではないんだけど・・・
とにかくぬるいのでのぼせない。
で、調子に乗って雑誌や本を読んだり飲んだり食べたりゲームしたり。
今の家になってからはDVDもテレビも見れるしPS3も出来ちゃうのでやりたい放題。
もちろん仕事もする。
書いたり読んだり。
時々湯船に落っことしちゃったりするけど。
オーケストラのリハのとき、やけに「しなしな」の楽譜を使ってたら、そういうこと。

最近はまってるのはCDを聴きながらポケットスコアを読むこと。
“勉強”的な仕事がらみもあるけど、どちらかと言うと小説を読むのに近い感じ。

一番最近聴いたのはM・ラヴェルのピアノ協奏曲集とS・ラフマニノフの交響曲第2番。
ラヴェルのほうは、Gdurのコンチェルトをアルゲリッチが、左手のためのコンチェルトをミシェル・ベロフが弾き、アバドとロンドン響が共演。
ベロフはこのとき右手を怪我していたそうで、喜び・不安・憤懣・束縛と解放・・・が溢れているように、勝手に想像しちゃった。
演奏もなかなか、けっこう好き。
それにしても、こんなん両手でも、うちよう弾かん。
(そういえば友人からベロフのメシアンのCD借りて、中身忘れたままケースだけ返しちゃったんだった。早く返さなきゃ!)

ラフマニノフはユーリ・テルカミーノフ指揮のロイヤル・フィル。
なぜかカップリングがチャイコのロミ・ジュリとスラブ行進曲とマンフレッド(2枚組み)
3番も大好きだけど2番もやっぱり名曲だな。
ラフマニノフってつくづく思うけどすごいメロディメーカーだと思う。
「遅れてきたロマン派」なんて言われることもあるけれど、ちょっと違う気がするなぁ。
もっと独自の世界観を感じる。
どちらかと言うと、もう少し孤高な。
演奏は案外ストイック。
確かどこかにプレヴィンが同じオケを振ったラフマニノフの2番があったはず。
こんど探して聴いてみよう。

ところで、よく偶然同じ曲について話題になる友人がいる。
昨日も上記2曲が唐突に話題に出て驚いた。

|

« 最近ちょっと好きな曲 | トップページ | 2月14日の出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お風呂で暮らす:

» 半身浴(はんしんよく) [目 クマ]
正しい半身浴の基本はを教えちゃうわねいつも胸から下だけをお湯につけるようにしなさいね。腕はお湯から外に出すこと。そして、体温よりも少し高い程度(37〜38℃のお湯)20〜30分間ゆっくりと入るの。(冬場は少し高め・・・40度くらいでも)だんだん身体の芯から温まってきて汗がでてくるはず。あたしもいっぱい出るわ。オカマ汁…更に効果UPなポイント?肩にタオル(湯冷め防止)?口に水分を含む(汗がいっぱい出るわよ)...... [続きを読む]

受信: 2008年2月26日 (火) 06時40分

« 最近ちょっと好きな曲 | トップページ | 2月14日の出来事 »