« 曇り空 | トップページ | 白い世界 »

2008年2月 3日 (日)

雪だ、雪だ、雪の道

D1000001_3 朝起きたら雪景色。

すごくうれしいけど、今日はライオン・キング。
早く家を出なくっちゃ・・・
そのあと新潟まで行くのも大変そうだ・・・

「雪だ、雪だ、雪の道♪」
これはオペラ「きらら」の中の歌詞。
沖縄の漁師の息子、次郎(じらぁ)が時化に巻き込まれて流された末に着いた北の国、初めて見る雪に感動してうたう歌。
父は雪の精たちのせいで瀕死なのに。
心配と、驚きと、神秘的な雰囲気を同時に映し出す素晴らしい曲でした。

かなり前のことですが、師匠の副指揮で沖縄で新作オペラのお手伝いをしました。
それが、南の国の雪女、「きらら」
どんなお話か、というと、、、

ああ、時間がない!
次回!

|

« 曇り空 | トップページ | 白い世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪だ、雪だ、雪の道:

« 曇り空 | トップページ | 白い世界 »