« 銀河鉄道の夜 | トップページ | バリスタ »

2008年6月30日 (月)

第弐話 見知らぬ天井

080630155752
080630102835
旅先で倒れてしまいました。
大したことじゃないんだけど。。。
でも、強烈に痛かった。。。

つくづくいろんな人にお世話になって、ようやく自分は生きてるんだなあ、と感じてしまいました。
CTを撮ったりエコー検査をしているうちに一時的に具合が悪くなり気が付いたら点滴と鎮痛剤。
目が覚めて、知らない天井を見て、なんだかとっても人恋しくなりました。

入院を勧められましたが、今晩の仕事後の様子を見て帰るつもり。
だって、今は全然平気。
ほんとに痛みさえ引けばケロっとしちゃうところも怖いところ。

エコーの時、新人さんの練習台にされました。
こっちは痛みに耐えられずに早朝から飛び込んだというのに・・・
「違う!それは膵臓だよ。どこ見てんの!」とか、「その肝臓見て君はどう思うの?」とか、ちょっと辛い数分間でした。最後にオーベンの先生が所見を読み上げ、最後に「それと、脂肪肝プラス」

ねえ、なに?それ、なに?今関係ある?
カルテを受け取り、立ち去り際にベテラン風の看護士さんが「痩せましょうね~」と、付け加えてくれました・・・

でもそれ以外は本当にいい病院。
Mちゃん助かったよ、ありがとう!
それにしても、異常と言っていいくらい美人の多い病院でした。

ああ、外は梅雨の晴れ間の、いい天気。

|

« 銀河鉄道の夜 | トップページ | バリスタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だ、大丈夫ですか?
健康には気をつけてくださいね。
もう1人の体じゃないんだから。

投稿: おおもも | 2008年6月30日 (月) 20時40分

時間作って人間ドックに行かなくちゃ。

「友さん、死なないでね」
って、ご両親にお願いされたんでしょ?

投稿: | 2008年7月 1日 (火) 17時53分

題名・・

エヴァにハマってますね

投稿: Ace | 2008年7月 1日 (火) 20時09分

ちょっとぉ 大丈夫?
1人の体じゃないんだからねーっ
おまけに これから もっと忙しくなるんじゃない?
音楽大好きぃ もいいけど、休める時は 休もうよぉ。

投稿: むね | 2008年7月 2日 (水) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第弐話 見知らぬ天井:

« 銀河鉄道の夜 | トップページ | バリスタ »