« 「銀河鉄道の夜」情報② | トップページ | シャンパンと自己嫌悪 »

2008年7月 5日 (土)

maj7

よく使う和音。
好きなんだなぁ…
原点はどこにあるかというと、やっぱりシャンソン、ラヴェル、ドビュッシーなわけで。

その理由は僕の生い立ちにも遡るわけで。

でも、一番の先生はユーミン=松任谷由実。
ポピュラーコードのほとんどは彼女に習いました。
松任谷由実の古いアルバムを聴いていると、たくさんの原点に再会するわけで…

高校生の頃、大好きだった女の子がユーミン好きで、全然興味なかったのに話を合わせるために聴きまくって、結果大好きになっちゃった。
邦楽も洋楽もJAZZも聴きまくった、それこそレコードが擦り切れるくらい。
交響詩「海」なんてほんとに擦り切れて溝が浅くなっちゃった。

でも、maj7の先生は、青春のユーミンです。

|

« 「銀河鉄道の夜」情報② | トップページ | シャンパンと自己嫌悪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: maj7:

« 「銀河鉄道の夜」情報② | トップページ | シャンパンと自己嫌悪 »