« September | トップページ | 今日は楽譜を書いている »

2008年9月26日 (金)

指揮棒②

最近も書きましたが、商売道具の指揮棒、最近は村松商店のものがお気に入りです。

オケやブラスではグラスファイバー製のものを愛用していたのですがやはりこれがいい!

Sdsc00832

あ、また違いましたね、これです。

Pict1 これが村松商店のバトンです。

まず、強く振ってもブレない。
そして、ほとんど反らない。
それと、何といっても軽いのがいい。
僕らはどんな時でも振らなければなりませんから。
どんなに腕がいたくとも(タクトだけに…)

そんな、この村松商店の指揮棒、ちょっとしたことがきっかけで俄然興味が湧いてきました。

いったいどんな人が作っているんだろう?
どこで、どんな設備でどうやって作ってるんだろう?
会いたい!その職人さんに!
長さ、材質、コルクの形、形状等々、いろいろ注文にも応じていただけると聞き、さっそくコンタクトをとりました。(タクトだけに…)

場所は荒川区の小さな工場が立ち並ぶ下町にあるようです。
以前は他の木工製品も扱っていたそうですが、事情により今の形態に辿り着いたんだそうです。

ということで、来週お邪魔することにしました。

ところで…指揮棒のことや指揮することを“タクト”というのは日本以外ではあんまり一般的ではないように思います。
“タクト”とは拍子のこと。イタリア語ではbattuta
tre battutaと言えば3拍子のこと。
だから「タクトをとる」と言うのは「拍子をとる」と言うことであながち間違いではないのでしょうが。
ドイツ語で“タクトフューラー”(タクトを振る人)と言う言葉が指揮者を指すこともありますが、今ではほとんど“コンダクター”でしょうね。

“タクト(tact)”には機転がきくとか気がきくという意味があります。
手際良く行き届いた整理整頓、と言う意味では指揮者に通ずるものもありますね。

余談ですがラテン語の辞書でtactを引いたら、「触覚」でした。
(この文章自体が“余談”みたいなものですが・・・)

|

« September | トップページ | 今日は楽譜を書いている »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いい! ギャグのしつこさ加減が最高です!!

タクト屋さん来訪日記、楽しみにしています♪

投稿: | 2008年9月26日 (金) 21時17分

流石、凝り性ですね。
まさに指揮棒オタクと言ったところでしょうか。
タクトだけに!

ギャフン...

投稿: kenshow | 2008年9月27日 (土) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指揮棒②:

« September | トップページ | 今日は楽譜を書いている »