« 無題 | トップページ | 夜中の雨空 »

2008年9月 4日 (木)

太陽と海の学校

06  家に帰るとまず熱いシャワーを浴びる。
着なれた白いシャツとくたびれたチノパンに着替え、いつものモカシンを履き冷蔵庫から冷えたトマトジュースを取り出す。
レモンをひと絞りして、ビールで割ってレッドアイにする。
ビールのカクテルは、あまり知られていないが30種類以上のレシピがあるのだ。
生乾きの髪のまま屋上に出ると、昼の匂いを残した夜風と月の光が心地よく僕に降り注ぐ。
ぐっとグラスを空けると、リビングに戻って壁に掛けられた大型プラズマTVのスイッチを入れる。

ソファに体を沈めて大きく深呼吸をすると、
「おつかれさま」
パルメジャーノをたっぷりふった牛肉のカルパッチョと冷製バジルのカペリーニの皿が差し出される。
彼女のいつもの手料理だ。
自分も疲れているだろうに・・・感謝だ。
「今日はこんなのも作ってみたの」
冷えた真っ白なお皿に白いプリンのようなものが乗っている。
パンナコッタだ。
’パンナ’は生クリーム、’コッタ’は煮る、の意味だ。
メロンパンナちゃんは’メロンと生クリーム’…美味しそう…どうでもいいことだが。

江戸切子に伊豆の氷塊から自分で削りだした球体の氷を入れ、マッカラン17年を注ぐ。
頂き物のR.C.(ロマネ・コンティ)が20本ほどあったのを思い出したが、またにしよう。
再びゆっくり深呼吸をすると同時にUZ(織田雄二)の歌う”君の瞳に恋してる”が流れてきた… …

と、まあ、こんなふうにいつもはゆっくりテレビが見られるのだが、時間がない日はPCで録画したものをDVDに焼いて車で鑑賞したりする。
月曜日の織田雄二のドラマはなんだか暑っ苦しくて大好きだ。
ところが、先日は福田首相辞任の無責任投げ出しあきらめ会見が入ったために最後まで録画できず…
と思いきや、自動的に延長・繰下げして録画は続いていた模様。
最近の技術(?)はすごいなぁ・・・
どうせならCMもカットして録画してくれればいいのに…
まあ、それはスポンサーが許さないか。
それに僕はCM好きだった・・・

|

« 無題 | トップページ | 夜中の雨空 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

えぇ~?!うそですよねえぇぇ?最近奥さんと会えないって言ってたのにいぃぃ?それとも別宅??アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

投稿: らんちゃん | 2008年9月 4日 (木) 11時56分

ああ、とうとう妄想と現実の区別がつかなくなっちゃったんでしょうか・・・。

投稿: | 2008年9月 6日 (土) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽と海の学校:

« 無題 | トップページ | 夜中の雨空 »