« マチエールとテクスチュア | トップページ | Moon River »

2008年10月24日 (金)

雨の朝

最近朝起きる。

午前中にやってしまわねばならない仕事があるからだ。

実は早起きは得意だ。

目覚ましをかけても、鳴る5分前に起きて止めることのできる機能を備えている。

でもその機能を使用することは年間あまり多くない。

「早起きは三文の徳」

今日もなんだか得した気分。

やることは山積み、乗り越えなければいけない問題も僕の脳みそ(心?)のダムに満ち満ちている。

でも、別のダムには喜びや希望や、やりたいこと、伝えたいこと、アイディア、想い、が溢れている。

前者のダムはほっておいてもどんどん溜まる。

後者のダムはほっておくとどんどん水位が下がる。

だから時々、早起きしたり、旅をしたり、見たり聴いたりラジバンダリ、味わったりして、五感を刺激してやると再び水位が上がってくる。

ついでに第六感も活発になったりする。

旅をしたり映画を見たりコンサートに行ったり、もちろんそう言ったことでも補充される。

でも、日々の暮らしの中で、“感じる心”を見失わなければ、いつでもすべては新鮮で、毎日新たな景色を知ることができる。

そんなことを思い出させてくれる朝だった。

分厚い雲の隅間に、奇跡的に偶然空いた小さな窓から差し込む光が、本当に一筋の光だった。

大粒の雨が降り続いているのに。

カメラを取りに行く間もなく光は細くなり何もなかったようにまた暗くなった。

この日本で、今僕と同じ体験をした人がいるのだろうか。

もしいるのなら、何キロも離れたところできっと同じ気持ちを共有したわけで、

それこそが奇跡なんだろうと思う。

|

« マチエールとテクスチュア | トップページ | Moon River »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の朝:

« マチエールとテクスチュア | トップページ | Moon River »