« すべての山に登れ | トップページ | まあ、そんなもの »

2008年11月 3日 (月)

幸せ

音楽できることが幸せだ。

昨日の芸劇も良い本番だった。

今日の「銀河鉄道の夜」千秋楽も素敵なステージだった。

この幸せに慣れちゃいけないなぁ…

音楽できることは、それ自体がやっぱり奇跡みたいなもんだと、本当に思う。

みんなで作り上げた「銀河鉄道の夜」アルタイルバージョンも大阪公演と横浜公演を残すのみ。

最後のステージが終わると、みんな次の旅へと向かう。

別れの時が近づいている。

僕の曲をみんな歌ってくれて、感謝しています。

透さんの歌詞がなければ、絶対に書けなかった。

初顔合わせの時にみんなに言った。

これをみんなそれぞれの代表作にしよう、と。

もうすでに、僕にとって大切な代表作です。

閑話休題…

久しぶりに家に帰って「あいのり」を見た。

素敵な告白だった。

意を決して、勇気を振り絞って告白した女の子。

答えを待つ間に、不安に耐えきれずに涙が溢れてしまう。

年下の男の子はその想いに、「100%大好きだ」と答えた。

不安げな表情が一気に明るくなり、笑みがこぼれ、彼に駆け寄ろうとする。

ところが彼はそれを制止する。

「ちょっと待って」、と。

驚き立ち止まり、再び表情は曇り涙が溢れる。

彼は続ける。

「僕にとってこの恋は最後の恋。

だから、結婚してほしい」

素敵な告白だった。

幸せになってほしいな。

僕も幸せになりたい。

もっと。

|

« すべての山に登れ | トップページ | まあ、そんなもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

脚本・演出っていうのは、歌詞を担当することでもあるのですね。
今回の楽曲、歌詞と曲どちらが先だったのかな~って思いながら
聴いた箇所がいくつかあったんです。
妙に心にしんみり響いたのは、
ジョバンニが窓を閉めながら、「もう涼しいね」「もう秋だよ」って歌うところ。
「きらきら星」のところはきらきらのところだけモーツアルトと一緒でお洒落だった!
「キラキラ光る砂はかけら、キラキラ光る星のかけら」のところも大好き。
うん、たくさんたくさん音楽が歌詞と一緒に輝いていました
それは聴いている人にも幸せな時間。

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せ:

« すべての山に登れ | トップページ | まあ、そんなもの »