« 夢、或いは妄想① | トップページ | 夢の話 »

2008年12月 7日 (日)

ドラマ「風のガーデン」

倉本聰原作のドラマ「風のガーデン」

「北の国から」「優しい時間」に続いての3作目に当たる富良野を舞台にした作品。

“富良野3部作”なんて呼ばれたりしているようですが、倉本さんご本人の言かは不明です。

僕は「北の国から」が大好きです。

もちろんDVDはスペシャルも含めてすべて持っています。

「お涙頂戴、的なところが嫌い」

と言う人もいるけれど、僕は一も二もなく大好き。

嵐の二宮和也と寺尾聰が主演した「優しい時間」もすごく良かった。

富良野まで「北の国から」の名所と合わせて見て回っちゃったし。

それにしても、「風のガーデン」…

緒方拳と中井貴一の演技が迫真、というか、鬼気迫る。

末期癌で遠からず逝く、勘当したはずの息子を複雑な想いで迎える父親。

ご本人も癌で先だって亡くなった緒方拳さんが演じています。

オンエアーもいよいよ佳境の9回を数え、物語も核心に迫っています。

絶対に見逃したくない、今イチ押しのドラマです。

|

« 夢、或いは妄想① | トップページ | 夢の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「風のガーデン」・・・・欠かさず見てました。
緒方拳さんに圧倒というか、ほんとに頭下がりました。
死に向き合って静かに人生を閉じる息子を支える父親を演じながら、でも現実の自分も死と隣り合わせで、、、
人間ってすごいですね。

投稿: 太鼓屋@ふくしま | 2009年1月14日 (水) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「風のガーデン」:

« 夢、或いは妄想① | トップページ | 夢の話 »