« ダムカードゲット! | トップページ | ところで »

2009年5月 2日 (土)

岩手県立美術館

090502102700
090502101132
盛岡での朝。
思いがけず午前中があいてしまった。
ホテルのチェックアウトがなんと10時だったから。
で、まあ、行くつもりだった美術館へ。

企画展は蜷川実花の写真展。
つまらない。
色合いは綺麗だし切り取りも面白いけれど。
金魚がキスしてたり、芸能人の写真がこれ見よがしに並んでたり、中途半端にグロテスクだったり。
なんだか損した気分。。。
と思いつつ、タイトルを読んでもう一度観た。

フナの突然変異体
それが”きんぎょ”だ。
人間のエゴで生み出された、ただ愛玩のためだけの生き物。
美しく、グロテスクだ。
でも、生きている。
彼らの世界を存分に生きている。

生の一瞬を切り取りたかったのではないと思う。
全ての生命の、死へ向かう共通点。
”生”が肉体から離れたあとの、タダの肉塊、物質。
一見美しく見える造花のなんとグロテスクなことか・・・

意図のある作品として、すばらしい数多(あまた)だった。

|

« ダムカードゲット! | トップページ | ところで »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県立美術館:

« ダムカードゲット! | トップページ | ところで »