« 波乱の日 | トップページ | 血液検査 »

2009年6月21日 (日)

想定外の出来事

人間時々、自分でも驚くようなことをします。
その場では気付かず、後で後悔したり赤面したりすることもよくありますが、今しでかしたことにびっくりすることもままあります。

先日、卵料理を作ろうとした時のこと。
キッチンのかどでヒビを入れて、なぜかそのままシンクにポトン…
何やってんだか自分でもびっくりして、手のひらですくってボウルに入れました。
見事に白身も黄身も戻せましたけど、まさか料理して食べる気にはなれませんよね…
泣く泣く捨てました。

そういえば、以前どこかのビルでエレベーターに乗ったとき、次々人が降りて行き、女性と二人っきりになったことがありました。
髪が長くて綺麗な人だなぁ…なんて思っていたら、その女性が突然大音響で…
まあ、その…、でかいオナラを一発…
もちろん僕が隣にいたのは認識していたはずなのでしょうが、魔が差した、と言うか何を勘違いしたのか…やっちゃったんですね。
すぐに真っ赤になって謝ってくれましたが、なんだかかえって気の毒でした。

思い込みでの失敗、と言うのもよくあります。
たとえば、あと一段あると思いこんで階段でつまづいたり、車は来ないと思いこんでぶつかっちゃったり。
でも、そういう場合と違ってこの手の失敗はなぜか、きちんと認識しているのにやっちゃって自分でもびっくり!のパターンなんです。

子供のころもプラモデルを作りながらお菓子も食べていて、なぜか思いっきりセメダイン(接着剤)のチューブに噛みついたことがあります。
口の中にセメダインが…

沖縄に「万座毛」と言う景勝地があります。
海辺の断崖絶壁。
もちろん足を踏み外したら命はありません。
ふらふらっとその先端まで歩き、その美しさにしばし感動。
ハッと我に帰ると、本当に崖っぷちに立っているのに気が付きました。
そのあまりの恐怖に身動きが取れなくなって滝のような冷や汗が出た思い出があります。
一緒にいた友人たちは一瞬、本当に飛び降りるのかと思ったそうです。

似たようなことで、実際に落ちちゃったこともあります。
真冬の江ノ島のヨットハーバーに遊びに来たときのこと。
防波堤のテトラポッドの上を調子よくトントン飛んでいました。
身軽で反射神経の良い自分に酔っていたのかもしれません。
端っこの、最後のテトラポッドの上まで飛んできて、なぜかそのまま何の躊躇もなく冬の海へダイブ…
はっきり、その先は空中しかない=冷たい冬の海、と頭では認識していたのに体が勝手に…

…なんだかここまでいろいろ思い出しながら書いていて考えました。
つまりはとってもボーっとした奴なのではないか…と。

もう書けない…

|

« 波乱の日 | トップページ | 血液検査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あるあるぅ!

ボクも朝食作る時に何度か卵の中身を生ゴミ入れに投入し、殻をボウルに..。
ステンレスのボウルに卵の殻が当たる「ガランっ」って音で目が覚めるんです。
あと、ドリッパーにペーパーをひかずに豆を入れちゃったり..。

先日はカップ焼きそばの作り方を間違えました。
開封後いきなり粉末スープを投入し、湯切りで流しちゃいました..。

味の無い焼きそばは悲し過ぎました..。

投稿: kenshow | 2009年6月22日 (月) 01時01分

おおっ!
そうそう、焼きそばの失敗は僕も覚えがあります!
無意識にやっちゃって後で愕然とするんだよね。
そういえば昨日のレコーディングで若いトロンボーン奏者の女性が一発取りのラストの方で大失敗して、「ありえないポジションで吹いちゃいました!無意識で…」と言ってました。
あるよね、自分でも驚く失敗!

え・・・?
ない・・・?

投稿: YOU | 2009年6月23日 (火) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外の出来事:

« 波乱の日 | トップページ | 血液検査 »