« 今日の空 | トップページ | Ⅲの和音 »

2009年7月29日 (水)

黒部ダム見学

Sp9180036 今まで何度も訪れている、まさにダムの王様「黒部ダム」

日本の尾根と呼ぶにふさわしい北アルプスの膨大な雪解け水で豊富な水流を誇る黒部渓谷に昭和31年から39年にかけて建造されました。
監督・黒沢明、主演・石原裕次郎で「黒部の太陽」と言う映画にもなりました。
(この映画、黒沢監督の遺言によりヴィデオ化はなかなかされないのです…

コンクリート・アーチ式ダムで、ドーム越流型。
高さは186mでもちろん日本一。
黒部川全体での1年間の発電量はなんと約31億kWh!!
7月から10月までは観光放流をしていて、そのすさまじい水のエネルギーを実感できます。
ちなみに減勢設備(放流の水の勢いを減らす設備。これがないと通常はダムが壊れちゃう)の代わりに、水を拡散することでその勢いを減らしています。

当時、戦後の景気拡大で電気の需要が増え、特に大都市・工業地帯では深刻な電気不足になりました。
そこで大規模な水力発電施設の建設は、国の威信をかけた急務だったのです。
建設は苦難の連続だったようです。
そのあたり説明好きの僕としては、ここで長々語りたいところですが、それはまたいつか…

ダムへは長野側と富山側からのルートがあり、ロープウェイ・トロリーバス・ケーブルカー等で立山黒部アルペンルート土地sて全線が繋がっています。
そう簡単に素人では到達できる高度ではありませんが、それらを利用すれば誰でも黒部ダム(標高約1470m)、室堂(標高約2450m)まで行けるのです。

実は何年も前から狙っている登山ルートがあります。
黒部ダムから黒部渓谷を下って欅平へ抜け、そのまま宇奈月温泉方面へ出るルートで、通称「黒部下廊下(しものろうか)」と呼ばれる、雪の消える夏の数週間しか歩けないルートです。
不慣れな足では2,3日かかりそうなルートですがいつか必ず行ってみたいのです。

そのルートを実は宇奈月温泉側の欅平から黒部ダムまで逆行する形で地下をトロッコが走っています。
地下を走る列車、斜行エレベーター、インクライン、等々を乗り継いで発電所を経由しつつ黒部ダムに至ります。
一番大きな黒部第4発電所ももちろん通ります。
時々「クロヨン(黒部第4)ダム」と呼ぶ人がいますが、これは黒部ダムとクロヨン発電所が混ざっちゃったんでしょうね。

これは関西電力の、ダムと発電所の管理用の列車で、通常は一般人は見ることもできません。
しかし!
抽選による見学ルートがあるのです!!

その存在もず~っと前から知っていたんですけれど、なかなかチャレンジする機会がなく…
でも、今年は行きたい!と火が着いちゃいました。
日程は9月16日~17日か、9月30日~10月1日。
抽選なので応募してみないと結果はわからないのですが…
長野扇沢まで車で行って、そこから立山黒部アルペンルートで富山に抜けて宇奈月温泉で一泊。
翌日朝から見学コースに入って、昼過ぎには黒部ダムに到達します。
そこからアルペンルートで扇沢に戻って夕方には東京に帰着です。

抽選と言う不確定要素がある上に、見学があるのはこの日程(平日)だけです。
どなたか、一緒に行きませんか…
参加者募集中です

|

« 今日の空 | トップページ | Ⅲの和音 »

ダム」カテゴリの記事

コメント

をっ、9/16-17なら空けられるかも!!

投稿: kenshow | 2009年7月30日 (木) 02時16分

さすがダム部…


あたしも行きたい…

投稿: ぴ | 2009年8月 5日 (水) 14時49分

行こう!行こうぜ!kenshow君!
って盛り上がってたらがっつり仕事になってしまいました…
それもデカクて断れない…
なんでこんな時に限って!
と言うワケで、9/30-10/1ではダメかしら?
お願い~

投稿: YOU | 2009年8月 6日 (木) 03時41分

LK降りれば..(>9/30-10/01)
抽選に当たったらトラ探します!

投稿: kenshow | 2009年8月11日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒部ダム見学:

» 逆えんで39マンかせいだwww [若林ドリ夫]
河川敷でロケット花火をあそこにいれてやったら、発射と同時に潮ふいてフイタw しかもお礼に39マンもらったしwww [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 05時12分

« 今日の空 | トップページ | Ⅲの和音 »