« 最後の演奏 | トップページ | 白い巨塔 »

2009年10月27日 (火)

沖縄料理とCD完成

D1000064 昨日は打ち合わせで池袋の沖縄料理のお店へ。
よくある沖縄風料理ではなく、素材からすべて沖縄料理そのもの。
食べ慣れない人には結構驚かれるかもしれない。

料理とお酒と沖縄音楽と踊り。
特に踊りは素晴らしかった。
そして、長年疑問だった沖縄のリズム体系の謎が少し解けて、本当に有意義な夜だった。
三板(さんば)を鳴らして僕も演奏に参加して、一セット頂いた。

今日の話の内容の一つは、CDが出来上がったこと。
このCDについて、少し触れなければならない。

僕は指揮者・作曲家として活動していて、録音の現場には何度も参加している。
おくづけや紹介に名前やプロフィールが載ることもあるが、未だ自分を冠にしたような録音はしていない。
だが、いつかはこだわった演奏で録音を発表したい、とはもちろん思い続けている。
インディーズレーヴェルではなく、メジャーから。

今回のCDは図らずも名前が前面に出てしまった。
それもメジャーレーヴェルである。
しかし、内容が引っ掛かる…

「この不安な時代に、聴くと元気の出る曲で一服の清涼剤を」
というのがコンセプト。
メジャーなのである程度売れなければならないし、クオリティの低いものもですわけにはいかない。
しかし…

一つは演奏について。
編成は金管+打楽器。
最初は演奏の音楽監督という事で引き受けたので、指揮を振るつもりではなかった。
しかし、若手の演奏者で不慣れなため、結局指揮を振って参加することになった。
おそらく今後の日本の音楽シーンには全員が登場するであろう前途有望な若手との演奏はとても楽しく刺激的だった。
お互いプロとして、時間内に想像以上の成果を上げることができたが、それでも編集すると「最高の、こだわりぬいたクオリティ」とは言えない。
ディレクターとプロデューサーにお蔵入り(いわゆるボツ)も進言したが、動き出したメジャーレーヴェル。
そうもいかない、とのこと。

二つ目は収録曲について。
果たして、元気が出る曲、とはなんだろう?
いろいろなアイディア・企画があるだろうが、今回は「若手のプレイヤーでやる」「古い流行歌を取り入れる」というのが根幹にあったようだ。
この「元気の出る古い流行歌」には「軍歌」として使われたものも含まれる。
「若いオリンピック選手の数人が元気の出る曲を聴いて本番に臨んだ。その曲が昔軍歌に使われた曲だった」というのが出発点の一つにもあったらしい。
だが、僕は軍かなんて大っ嫌いだ。
戦争に繋がるもの、戦争に利用されたものなんてまっぴらごめんだ。
しかし、「私たちも戦争賛美なんてするつもりは毛頭ない。むしろ、戦時によくない使われ方をした曲たちの中に埋もれた、元気の出る名曲を掘り出したい」という話を聞いて、妥協点を見出すことができた。
結局、数曲の「元軍歌」と数曲の「流行り歌」そして数曲の新曲を散りばめて録音された。

三つ目は、売れるのか?という疑問。
収録曲も演奏も、これぞ!というインパクトが少ないのではないか?
例えばこの編成でやるならば、楽譜を売ることも視野に入れた新作の紹介や演奏プログラムの提案、だったり、この編成で聴く「ミュージカル名曲」「オペラ名場面」「演歌の花道」「歌謡曲の小歴史」「クラシック名曲選」等々、ターゲットを絞ったほうがいいのではないだろうか、等。
しかし、プロデューサーにはある確信があるようで、実際問い合わせはいくつもすでに寄せられているようである。
僕としては複雑な気持ちを禁じ得ない。

僕としては、オーケストラの録音をガンガンやりたいのが本音。
でも、世に有名オーケストラ+有名指揮者の録音がひしめき合っている中、いきなりど真ん中に食い込むことなんか不可能。
だから、「吹奏楽の、本当にこだわった演奏の録音」「若手奏者をフューチュアリングした近代協奏曲集」「日本の作曲家の特集」等、コアなリスナーをターゲットにしつつ、新たなリスナーも開拓できそうな(興味をひきそうな)企画を盛り込むのが良いのではないか…と思っている。

「これはこれとして出しましょう。そして、西村君のやりたいものも今後どんどん形にしていこう」
という事で、今回はテストケースの意味も含めてリリースが決まった。
これが売れれば次もある。
しかし、僕の近しい人たちにはあまり受けが良くないかもしれない…

まあ、評価・インプレッションは様々あれど、とりあえず聴いていただければ嬉しいな。
僕の作曲も一曲入っています。

まあ、そんなちょっと重い話は最初の小一時間で、後はひたすら夢と希望と、尊敬すべきこの世界の先輩方の驚くべきエピソードであっという間に時間が過ぎて行きます。
そして閉店時間を過ぎても、踊り子さんと店員さんとママと、沖縄談義は果てしなく続いたのでした。

|

« 最後の演奏 | トップページ | 白い巨塔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄料理とCD完成:

« 最後の演奏 | トップページ | 白い巨塔 »