« 迷走するサラバンド その3 | トップページ | 迷走するサラバンド その4 »

2010年3月 6日 (土)

春遠からじ...

Sdsc06886_2
冬来たりなば春遠からじ...

やまない雨はなく、明けない夜はない
冬が来て、春が来る

まあ、スキー好きの僕は例によって寒い日が続くのを望んでいるのですが。
でも、春は好き。
春を待つのも好きだし、待ちに待った風の匂いを利くのも好き。

3月某日。
千葉・岩井での某オケ練習の後、指揮者の友人と楽器の先生方数人と、岬にある喫茶店に立ち寄りました。
ここで見る夕日は素朴で美しく、日が落ちた後は行きかう船の光と星の光だけのイルミネーションが瞬く世界。

オールディーズやジャズ、時にはクラシックがアナログでながれ、遠い潮騒と時折シンクロする、時間の流れが明らかにいつもと違う場所。

いろいろ悩んでも苦しんでも、
いろいろ想い、考えても、
結局僕は音楽が好き。
何にも、変わらんのですね。

それが実感できただけでも、ここに来てよかった。

|

« 迷走するサラバンド その3 | トップページ | 迷走するサラバンド その4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春遠からじ...:

« 迷走するサラバンド その3 | トップページ | 迷走するサラバンド その4 »