« 朝起きると‥‥ | トップページ | ショパンに恋して »

2010年4月22日 (木)

迷走するサラバンド…続①

以前この曲のアナリーゼのさわりを書いたら連日メールをいただくようになりました。
そのほとんどはちょっとしたお話や質問なのでできるだけ返事もしますが、ときどき「ご講釈はいいから、実際どうするのよ!?」というメールも来ます。
別に誰かのために書いてるわけでも商売でも何でもないので、そんな失礼な言い草に付き合う必要はないんだけれど…
最近あまりに増えてきたので、ちょっと書いてみます。
普段だったらこんなことしませんよ~、だって、めんどくさいもの。
興味ない人は読み飛ばしてくださいね。

一応言っておきますが、譜面から正確に音楽を読み取ろうとしたところから出る内容とは言え、あくまで「一つの意見」に過ぎません。

(Prologue)
冒頭Ten.、Bar.Sax.のSoliは十分なespress.で歌います。上りに6拍下りに3拍使うのがみそ。Ten.はサラバンドを基調としたcresc.で、フレーズややわらかいアクセント(<>)を利用して歌います。Bar.はヘミオラを利用して2拍×3を押し出しながらcresc.します。decresc.はスラーの掛け合いを意識しつつ、ふわりと出だしの和音に戻る流れを作ります。
この、「最初の音に戻る」感じが出せなければ4小節目が活きません。ちょっと“ドキっ”とする不安感を表現したいからです。
この4小節目、W.b. Xylo.は少々強めに効かせています。Cla.も強めにスタート。「何か心に引っかかる不安がある…あれ、なんだっけ?」とか「お前それでいいのかい?本当にそれでいいのかい…」という、心の片隅から聞こえる不安の声。きちんと消え去るようなdim.で、しかしほんのちょっと尻切れに切ります。ちなみに、Eup. Fag.が複数人いるなら減五度のバランスを取るべきでしょう。
文字通り、気を取り直して再スタート。始まって3小節目、今度はdim.でまとめずにcresc.で不安感を現実のものとします。8小節目の‘不安の主題’のリフレインは、僕はソリスティックに感じて構成します。オーケストラで木管セクションだけが演奏して9小節目から弦をふくむトゥッティが鳴るように。ですから、演奏するすべての楽器をソロにします。注意すべきは、cresc.の掛け合いではない、ということ。この一様な形のcresc.は後半でも効果的に用います。ウラ拍のみでのcresc.ですから拍頭の不要なふくらみは厳禁です。
9小節目からはcresc.の応酬。しかし、全体的にはtenutoを強調してトゥッティのボリューム感を出します。テンポアップはあまりしません。もともと音符が細かくなるのでテンポを上げすぎると崩壊しがち。ただし、スピード感が増す必要はあります。そのため各音の張りを徐々に上げるように作っています。なかなか効果的です。
続くTen.Sax. Eup.はヴィブラートもしっかりかけて(A.Cla.はもちろんかけませんが)かなりドラマティックに作ります。8分音符3つのトゥッティは分割で振っています。フェルマータにならないように、泥沼から抜け出すようにrit.からAgitatoに突入します。D-Gの低音の動き(実際にはD-Aですが)をしっかり鳴らすと解決感がよりはっきりしますが、僕はあえてイーブンなバランスで鳴らし、混沌の中から抜け出ます。

(A)
2小節間は突き進むアクセントがどうしても必要。3小節目で初めてバランス感覚が生まれるのを表現できれば効果抜群。3連符が付点に近く跳ねがちなので、センプレアクセントのためにもイメージ作りのためにも、休符を音符で埋めて練習します。装飾音符ははっきり拍前に出し鋭く。他のリズムも、倚和音の動きがずれると悪目立ちするので徹底的に合わせます。
3小節目からの16分音符メロディは、僕は頭にtenutoをつけます。どうしても拍より前に出したがる音形なので、拍頭を強調です。
4小節目のメロディは存分に鳴らした後すぐ落とします。そのままcresc.はかなり抑えて最後にぐっと上げています。どうしてもひとりでにcresc.がかかりすぎてしまうので、意識的に抑えてストイックに作ります。
6小節目の頂点感のHrn.A.sax.Cla.はよく鳴らして。Eup.T.sax.Acla.は、一気に引いて行くようにかなり大きく入り、かなり早くdim.します。
7小節目のメロディは先ほどと同じく深いfpで。
10小節目綺麗にdim.して次のセクションにつなぎたいところ。A.sax.T.sax.Cla.は結構大きめに入ったほうがうまくいきます。が、少々A.sax.綺麗になりにくく要練習。Eup.に足しちゃうのも一手。T.sax.3拍目にCを足すのもあり。この楽器だけ抜けるので。

続きます…

|

« 朝起きると‥‥ | トップページ | ショパンに恋して »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷走するサラバンド…続①:

« 朝起きると‥‥ | トップページ | ショパンに恋して »