« 旅が人生、人生が旅 | トップページ | 迷走するサラバンド…続④ »

2010年5月19日 (水)

不思議な青い傘

これは小野リサが歌う、ボサノヴァの曲名。

高校生の頃バイトしていた喫茶店ではユーミンとオフコースと加山雄三と高中正義だけが毎日かかっていた。
当然、結構好きになっちゃうわけで。

大学生の頃にバイトしていたバーではJAZZオンリー。
もちろん好きになっちゃう。
実家にもJAZZのレコードは様々100枚以上ある。
一時期、特にハマったのが“BOSSANOVA”

アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルト、小野リサ…等々。
そりゃもう、聴きに聴いた。

今日は雨ふり。
楽譜読みと書きに疲れて、ちょっと息抜きにピアノでボサノヴァを。
ふと外を見やると青い傘が門で揺れている。(うちは2Fのピアノの横の窓からアプローチが見えるのです)
綺麗なスカイブルーの傘。

お客さんかな?と思いつつ手を休めると青い傘が、ふ、と上がって髪の長い女性がこちらを見た。
目があった気がしてあわてて曲の続きを弾いて、そっともう一度見るとそこにはもう誰の影もなし。

「?」
と思いつつもそのままショパンやらベートーヴェンやらドビュッシーを1時間ほど弾いて、また一休みにボサノヴァを。
なにを弾こう?…あ、小野リサのアノ曲。
弾こうとして、気配を感じ外を見るとまた、青い傘。
今度は手を休めずに見ているとまた傘のふちが上がって、長い髪が揺れるのが見えた。
なんとなく目が合うのを避けて視線をそらしピアノを弾き続け、そっとそちらを見るとまたそこには人影なし。

僕がいるのはわかっているだろうしインターフォンも壊れていない。
何かの勧誘?
それとも・・・?

兎にも角にも、
「不思議な青い傘」
なのでした。

|

« 旅が人生、人生が旅 | トップページ | 迷走するサラバンド…続④ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な青い傘:

« 旅が人生、人生が旅 | トップページ | 迷走するサラバンド…続④ »