« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

無題…

愛車にて順調に走行中。
混んではいないが車は接近している。
信号が赤に変わり、前の車もブレーキを踏んだ。
僕も余裕も持ってゆっくりとブレーキを…
踏んだのに全くブレーキが効かない!!
わ~っ!!

…という夢を昨晩見た。

予知夢!?なんてことはないだろうけど、注意しても損はない、ちょっと慎重に行こう。
と、確かに思ったはずなのに…

いつもは滅多に寄らない本屋の駐車場で左のバンパーをこすってしまいました
それも車を購入したディーラーのすぐ近く。
すぐ持ち込んで見てもらったところ、当たり所が悪くて修理は少々高くつきそう…

まさに後悔先に立たず…

それにしても、回避された危機には気が付かないことが多いのでしょうから、何事もなく家に帰れることが実はとっても幸せなんだなぁ、などと思いながら悲しい気持ちで家路についたのでした…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

仕事と解放感

音楽が大好きで、気が付くと仕事になっていた。
大好きなのに(大好きだから?)辛いこともある。
でもそのほとんどは演奏時以外で、演奏中に“やめたい”とか“辛い”とか考えたことは一度もない。
練習中も含めて。

だから演奏後に仕事を終えた解放感を感じることはないのです。
プレッシャーやストレスからは多少なりとも解放されるけれど、演奏が終わっちゃった寂寥感のほうが勝る気がします。
ロングランのミュージカルの本番の後には、安心感を感じたりはするけれど。

それよりも自分を満たすのは、きっと達成感。
良い演奏ならばなおさらに。
そして、しばらく心地よい疲労感とともにそれを味わった後は、次の事へ思いが進みます。

だから「今日も一日終わった~!」という解放感はほとんど感じたことがありません。
ただ、明日への10%の不安と90%のワクワクがあるだけ。
(スミマセン、言い過ぎました。“99%の不安と1%の望み”の時もあります

ブログネタ: 「今日も1日終わったー!」と思うのはどんな時?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

美化される恋、或いは「生パスタの影を慕いて…」

20100621184213
生パスタの美味しいお店を探している。

いろいろ情報を仕入れつつ、チャンスがあればチャレンジしているが、がっかりすることがほとんど。
自宅から車で10分ほどのところにも鳴り物入りで登場したので行ってみたが、う~ん…、細いきしめんみたい…

今日打ち合わせしつついただいた町田のこのお店。
ここは最近の中ではなかなか!
写真はボロネーゼのみだが(隣のお皿はポルチーニソースのニョッキ)、他のパスタも美味かった。

でもなぁ…
やっぱり忘れられないのが盛岡で食べた生パスタ。
あのもっちり感とソースとの完璧なハーモニー。
この店の2倍もする値段を取られた都内某所のパスタなんて、まるで給食のソフト麺(ソフト麺はそれはそれで面白懐かし美味しかったりするのだが…)

ああ、いったい何が違うのか?
それとも、過ぎ去った恋人はいつでも美しい想い出の中で最強のまま生き続けるのか?
それを確かめるには、やはり盛岡に出向くしかあるまい…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日の衝動買い

早く家を出て、行ってきました。
iPadを買いに。

結論から言うと…
またも保留です。

だって!
「あの店員のザマッたら!」(by ナ・サンシル)

店員の態度に購買意欲が萎えたのが一番の理由ですが、他にも、
・Wi-Fiの使えない場所ではソフトバンクの契約が必要(EM-ONEをアクセスポイントにすることもできるが、本末転倒)
・インターネットでかなり普及しているフラッシュのページが閲覧できない。
・最初の立ち上げ時には結局パソコンとの接続が必要。
・ユーザーインターフェイスの不備。
・片手での操作は重くて短時間に限られる。
・iPod touchやiPhoneのホームインターフェイスにはなりえない。
等々、気になる点もあるわけで…

だからiPhoneのヘビーユーザーからしてみれば、iPhoneでほとんどが事足りてしまうわけです。
でも、僕のように携帯は別に持つようなものには、やはりあのスピードと画面の大きさは魅力。
この賛否両論の時期が過ぎたら、ひとつ買ってみるつもりです。

さて、ヨドバシに行ってなにも買わずに帰れるわけがありません。
だって駐車場代がもったいないですから(間違った論理)
で、買っちゃったのは…

シェーバー(パナソニックの店員一押しとかいうヤツ。最近のはゴツいですね。それに、高い…)
サーキュレーター(やっぱり店員のお薦めの山善のもの。リモコンも付いてて便利。空気の循環だけで温度環境が激変しました)
フォトフレーム(SONYのLED液晶。綺麗だなぁ、これ。テレビもLED液晶のが欲しくなっちゃった)

ちょっとしたものでも、何か買うとなんだかワクワクしますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

雨の日の午後

雨の日の休日、何をして過ごします?

やりたいことはいっぱい。
読みかけだった本、観てないDVD、録画してあるビデオ、作曲したい、ピアノ弾きたい、買い物、山や海や美術館や、あそこ行きたいここ行きたい…

やらなきゃいけないことたくさん。
洗濯、掃除、洗車、楽譜書いたり読んだり、溜まってる事務仕事、などなど…

でも本当に憧れるのは、
「やること無くてヒマだ~」
という状況。

いろんな「やらなきゃいけないこと」のプレッシャーやストレスからも解放されて、「やりたいこと」も放棄して。
ただ、雨の音を聴きながらコーヒーでも淹れてボーっとするとか。
人気のない美術館に行って、コーヒー飲むとか。
人の疎らな海辺のカフェでコーヒー飲むとか。

あれ?
それも「やりたいこと」?
ボーっとしててもきっといろいろ考えるだろうし。
そもそも休日なんて僕らの業界無いも同じ。

・・・

まあ、一つ言えるのは、

コーヒーでも淹れましょかね。

ブログネタ: 雨の休日、何して過ごす?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

iPad!!

iPad使わせてもらいました。
お店ではなく、友人のものをじっくりと。

結論としては…

「買い」です。

友人の意見はほぼ全員が「保留」
確かに、「もう少し形が整うだろう」「もう少し軽くなるだろう」「他社も追いかけてきて値崩れが起きるだろう」と言う見かたにはほぼ同意。
その上、次期バージョン用の配線もすでに組み込まれているらしいですね。
カメラは穴さえ開ければすぐにでも搭載できるらしいし。

僕は携帯電話のほかにポケットPCやノートPCも一時期持ち歩いていました。
重いしかさばるのでもう少し手軽なPDAが欲しくて、使い始めたのがイーモバイルのEM-ONE
Windows mobile搭載で将来性も拡張性もgood!
と思って使い始めたのですが、いろいろ不都合もあり…
最近は家に置きっぱなし。

僕がPDAに求めるものは、「スケジュール管理」「メール」「インターネット」「原稿執筆」がメイン。
「写真撮影」「画像閲覧」が付いていればさらに嬉しい。
それと、「音楽プレイヤー」「動画観賞」ができればほぼ完璧。

これらの要求はノートPCですべてカバーできます。
ポケットPCではちょっと画面が小さくなるけれどほぼOK
ただ、無線LANの使えない所では何か手立てが必要。
その点EM-ONEならどこでもOK
でも意外にソフトも拡張性もいまいち…

と言うわけで、パソコンほどではないにしろ少しかさばる点を我慢すればiPadは条件をすべて満たします。
携帯性の悪さを補ってあまりある、スピード、利便性、ソフトの多さと多様性。
特に、雑誌等を読むにはホントに便利。
新聞もチラシもあの一台でしっかり読めます。
いずれ様々な読み物も増えていくでしょうし、楽譜ソフトもいくつか登場し始めているようです。

例えば…
沖縄に遊びに行くのに「情報誌」を読み、「インターネット」経由で気に入ったお店を調べ、「GPS機能」を利用してお店の場所の地図出して、「ナビ」を使ってそこまで移動する。
なんてことがあっという間にできちゃう。

とにかく、これは買いですよ!
早速買いに行ってきます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

イオンエンジン

小惑星探査衛星「はやぶさ」が還ってきた。
アポロ群の小惑星「イトカワ」を探査して一昨日(6/13)7年ぶりに。

話題にもなって報道もされているから、今や知っている人も多い。
でも、数年前にプロジェクトの失敗の記者会見があり、その翌日には撤回されプロジェクトが継続され、その経緯がとても興味深く、気になっていた。

いろいろ興味が惹かれるポイントがあるけれど、僕が一番注目していたのは「イオンエンジン」
アイディアは単純、仕組みも原理もシンプル。
でも、ここで語ると引かれちゃうから割愛…

子供の頃むさぼるように読んだ宇宙の本に、「未来の宇宙船」の夢のエンジンとしてのっていた。
イラストまで今でもありありと思い出せる。
少なくとも30年前の本である。

「その夢のエンジンがとうとう実用になったんだ!」
と思っていたのに、いろいろ調べてみると、原理自体は50年以上前から、打ち上げも1963,64年に実際に成功しているらしい…

他にもいろいろ、一見夢物語のようなアイディアもたくさんあるけれど、どんどん実現に向かってる。
30年前に夢に見た未来とはずいぶん違ってるなぁ…と思っていたけれど、あの頃の架空の技術も世界も、案外すぐ近くまで来ているのかも…なんて思ったニュースでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

I can(not) advance.

20100602021441
紀尾井ホールに僕の曲が流れた。

残念ながら本番は聴けないのでリハだけ顔を出した。
サヌカイトの音はやはり生で聴くのが一番楽しい。
一音たりとも聴き逃すまい、と耳を澄ました。

「耳を澄ます」って素敵な日本語だと思う。
集中するとどんどん耳が澄んでいく。
そして心もどんどん澄んでいく。
なんだか格好良すぎるが、ほかに表現が見つからない。
心が澄んでいくと、もう一人の自分が現れる。
そしてそれぞれ、ちょっと時間の進み方か違う。
簡略化して説明すれば、「思考のスピードがどんどん加速していく」ことを相対的に理解している自分が同時に存在するのだ。

超猛スピードでいろんなことを考える。
アイディアも妄想も加速しながら溢れ出て、気が遠くなる。
ああ、これって宇宙なんじゃないのか?

夜は浜松で4人の音楽家と時間を共にした。
何とも濃密で楽しい時間だった。
言いたいことの100分の一も言えず、伝えたいことの1000分の一も伝えられなかったように思うが、あと10000回話しても話は尽きないように思える。
とっても共感できる音楽の話が幾つもあって、なんだか、嬉しくて、「前に進んでる」感じがすごくした。

やりたいことが山のようにある。
きっとなれる自分は星の数ほどあるんだろうけど、なりたい自分はよく見えない。
でも、叶えたい夢はきっと1670000通りもどんどん湧いて出るに違いない。

「想像力は創造力になる」
ヒトの想像力の限界は、光のスピードで膨張するビッグバン理論の宇宙の果てで、さらにその向こうには次元を超えた想像の世界が広がっている。
その先すら想像することができる人間が、恐ろしくもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

セロリー麺

20100530113500
先週はライオン・キング。
いつもはほとんど本番前に食事はとらないんだけど、この日は時間があまっちゃってたのに居場所がなく…
久しぶりに来たのはすぐ近くのちょっといい雰囲気の某有名店。
高層階から見えるのはレインボーブリッジとお台場。

20100530114939
で、食べたのはこれ。
「セロリー麺」
お茶とデザート合わせて2000円超えちゃうのが全然高く感じない、お薦め麺!

やっぱ麺は細麺だよなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の空

20100527162914 劇場に向かう途中で見た空。

曇り空の隙間から夏の空。

また今年も夏が来るんですね。

ワクワクするのとちょっとめんどくさいのと。

ワクワクするのはこれから起きるいろんな出来事。

めんどくさいのはきっと時々落ち込む自分。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »