« 今日の衝動買い(?) | トップページ | 夏のしっぽ »

2010年9月14日 (火)

夏の終わり

20100716153242
新幹線の車内紙にて伊集院静さんのエッセイを読んだ。

氏いわく、「季節の始まりは目に見えるが、季節の終わりは目に見えない」のだと言う。
けれど、僕は必ずしもそうだとは思わないなぁ。

不意に心の隙間(と言うよりは思考の合間?)に、景色や人の言葉や文字や匂いや、そして時には記憶の中の過去の映像や思い描く未来の妄想が割り込んでくることがある。
考え事しながら歩いていたり、列車の席でウトウトしていたり、そんな「物語」に登場しないような場面のそこここに。

そんな風に、ちょっと唐突に季節の終わりを感じちゃったりするのは、圧倒的に夏が多い。
流れる風に秋を感じて夏の終わりを実感する、のではなく、「あ、夏が、終わるんだ」、と。
いろんな場所に出没する僕の仕事柄、そんな「季節の終わり」「季節の移り変わり」「新しい季節の始まり」を何度か味わえたりする。
それはちょっと得した気分。

福島の夏が終わった。

今年の夏は暑くて長かった。
けれど、忘れられない夏になりそうだ。
逃げずに阿らずに立ち向かった結果は、僕の中の不安を消すには十分のものだった。
変化は受け入れるが、自分の中の揺るがない音楽は確信に変わった。

寂しくもあるが、それは大切で素敵な、次の季節の始まりだ。

|

« 今日の衝動買い(?) | トップページ | 夏のしっぽ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« 今日の衝動買い(?) | トップページ | 夏のしっぽ »