« 晩夏と残暑 2010 | トップページ | 嵐の中の袈裟 »

2010年9月 7日 (火)

「聞く」ことと「聴く」こと

プロでもアマでも、リハーサルをして練習を重ねて、そして本番を迎える。

いかにして短時間に自分の想う音楽に近づくかは、やはり指揮者の一番の悩みどころ。
限られた時間の中、音楽的な欲求を犠牲にしても全体の交通整理に時間を割かねばならないこともしばしば。
プロのオケが相手だと、まだまだ駆け出しの僕では自由にふんだんに練習コマ数(=練習時間)を増やすわけにもいかない…
むしろアマチュアのほうが、技術の向上もしながらじっくりと音楽に取り組める、と言う事もあるのかもしれない。
その分ただ効率を求めるのではなく、日々のリハーサルに、楽しさと苦しさ、即効性のある練習と将来を見据えた練習の両立、そして何より心地よい疲労感がなければいけない。
まあ、指揮者の苦労と喜びはどんな舞台でも変わらない、と言う事だろう。

いずれにせよ、予定通りの効果をあげて、完成への階段はしっかりと登りたい。
なんてことを考え過ぎていると、時々見失う。
「音楽を聴くこと」を。
ついつい「音を聞いて」仕事をしてしまう。
これって結構重要なんだよなぁ…

「ピアノを弾く。練習して技術を上げながら、何とか弾きこなす。精一杯弾きこなす中に自分の音楽を注ぎ込むが、自分の力量の中でしか音楽を語れない」
と言うような事を最近も書いたけれど、オケ相手でもそう。
気が付くと現在の技術力の中で音楽を作ってしまう。
すると自由な想像力が凝り固まった悪しき因習へと傾き始める。

もちろん、仕事としては目の前の「音を聞いて」リハーサルをすることがほとんど。
でもそこにおかしな形でハマってしまうと「自分の中から発せられる音楽」も「人から発せられる音楽」も気が付くと「聴いて」いない。
ただ目の前の症状に対症療法の薬を出す不勉強な医者みたいに。

そうならないようにいつも必死で自分の尻を蹴っ飛ばしている。

|

« 晩夏と残暑 2010 | トップページ | 嵐の中の袈裟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聞く」ことと「聴く」こと:

« 晩夏と残暑 2010 | トップページ | 嵐の中の袈裟 »