« 驚き | トップページ | 3D映画 »

2010年10月 4日 (月)

感動する音楽

20100930191707
大阪に行った。
スケジュールはハードだったが久しぶりに感動にたくさん出会えた。

大阪市音の練習場は初めてだったがその熱意あるリハに感動。
大フィル会館は本当に久しぶり。
一歩入ると独特の緊張感にに身震いしちゃう。
そしてそこここに滲み出る「大フィルの音」に感動。

16年続いた宮川彬良&大フィルの大フィル・ポップスは今回が最後。
このジャンルでは、アイディア・企画・内容どれをとっても日本一だと思う。
そして集客と満足度も。
それもいよいよ最終章。

始まりがあれば終わりもある。
一つの旅が終わり、次の旅が始まる。
別れがあるからこそ新たな出会いがあるのだろう。
だが、彬良さんの胸中にはもちろん様々な想いが溢れていて、それらが混ざり合ってひとつの「想い出」になるにはもっと時間が必要で、
だから喜びも感動も怒りももどかしさも、最後という言葉に惑う事無く時に表に顔を出す。
そこに真剣にこのステージに挑んできた彬良さんの想いを見て、感動。

そしてサックスの平原まことさん。
この世界でこの人を知らない人はいない。
そしてその音がメディアから流れない日は365日一日もない。
間違いなく日本を代表するサックス奏者の一人。
(綾香さんが世に出た時は親戚が急に増えて閉口したらしいけど…)
今回じっくり話をして、間近で音を聴いたのはきっと僕の大きな財産となる。

演奏を聴いて涙がこれだけ溢れたのは本当に久しぶり。
なんの抵抗もなく心に音と音楽が流れ込んでくる。
心が音楽で満たされて、一杯になって、溢れだしたら、それは涙だった。

その後は焼肉屋にて食べまくり。
これまた美味かった!
飲んで食べて、その後は久しぶりに彬良さんとサシの勝負。
大阪にちなんで「ジャパン」勝負。
負けた上に彬良さんはマス割り(撞き切り)一回…

朝からあれだけの音楽エネルギーを出し切った後で…
まいりました…

|

« 驚き | トップページ | 3D映画 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ボクも今日彬良さんとご一緒させていただきました。
彼はスバラシいですネ!

投稿: kenshow | 2010年10月 8日 (金) 00時00分

kenshow!温泉行こうぜ!
年内に!
絶対!

投稿: YOU | 2010年10月 8日 (金) 00時10分

是非!(>温泉)

投稿: kenshow | 2010年10月 8日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動する音楽:

« 驚き | トップページ | 3D映画 »