« APEC 或いはある日の出来事 | トップページ | マルチタスク…眠れぬ夜の戯言 »

2010年11月16日 (火)

Fagotto

Fagotto_2 高校時代の後輩、テューバを演奏していた友人が修行の末5年程前に独立してイタリア料理のお店を開業しました。
今日は妹とランチデート。
不義理をしてしまっていて、僕はこれが初訪問。

店の名は“Fagotto”
イタリア語では「包み込む」と言う意味があります。
楽器のファゴットともかけているのかな?
楽器のファゴットは「棒の束」の意味らしいのですが、その意味するところは遠からずです。

比喩的に「野暮ったい人」とか「立ち去る」と言う表現にも使う言葉ですが、否定的ではなく「不器用だけれど暖かくて包み込むような落ち着いた人」と言った意味を含めて使います。
楽器のファゴットの音は、そんな言葉がぴったりくる優しさに満ちている、と僕は思います。

お店の雰囲気はまさに「包み込むような暖かさ」に満ちていました。
朴訥に見えるけれどそこにもここにも「お客さんを喜んでもてなす気持ち」が溢れています。

エラそうに語れるほどイタリア料理を食べ歩いたわけじゃないけれど、その中でも本当に1,2を争う美味しさでした。
身内贔屓もお世辞もなく、ここは本当に一度食べてみる価値ありですよ。
特に趣向を凝らしたアンティパストは絶対に食べてほしいところ。
物珍しい食材やこれ見よがしに高級な食材など用いずに、工夫と誠実さが全ての作品を特別なものにしています。
オーナーシェフ“塚PON”の、人をもてなす気持ちがストレートに伝わってくるお料理の数々、是非一度お試しを!
シェフの選んだワインととろりと煮詰めたバルサミコを使った料理との相性には驚きの再発見!

場所は小田急線相模大野駅徒歩5分。
こちらまでお越しの際はぜひ!

|

« APEC 或いはある日の出来事 | トップページ | マルチタスク…眠れぬ夜の戯言 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fagotto:

« APEC 或いはある日の出来事 | トップページ | マルチタスク…眠れぬ夜の戯言 »