« 折れた指揮棒 | トップページ | Catch a cold... »

2011年9月21日 (水)

砂の器

「友さんテレビ出てた~?」
という問い合わせを最近よくもらうのですが…それはテレ朝のドラマ「砂の器」です。
本当は今年の3月に2夜連続で放映予定だったのですが、ちょうど震災とぶつかってしまったのです。

「砂の器」は、松元清張原作の名作で今までにも幾度となく映画やドラマになっています。
今回は、去年の暮れから今年の2月ぐらいまでかけて撮影したものです。
佐々木蔵之介君や玉木宏君、加藤愛さんや中谷美紀さんといった実力派がそろって、見ごたえのある本格派ドラマになりました。

音楽は沢田完君。
僕は指揮の指導をするだけだったのですが、結局オケを振ったりしゃべったり、いろいろやりました。
京都や長野・松本、東京、といろいろ出向きましたが、最後は神戸のオリエンタル・ホール。

ドラマにも出ていたオケは、神戸のアマチュアオーケストラです。
本編では音楽は吹きかえだったのですが、実際の音がとっても素晴らしかったのを覚えています。
リハの時に僕がいきなり、「それではブラームスの1番、1楽章、あたまから!」といって振りだしたら(もちろん冗談ですよ!)、結構大勢が弾きだしたのでびっくり!
ああ、このオケのみんなは本当に音楽が好きで集まってる、「愛すべき音楽馬鹿(失礼!)」ばかりなんだなぁ、と感じました。
まだ共演は果たされていませんが、いつか必ず!

ドラマはようやく先週放映されたようですが、見損ねました…
番宣やニュース等でメイキングの映像が流れ、そこで登場していたようですね。

でもね、あの頃はちょっと太っていたんですよ…
今は見違えるくらい、いや、少しだけ、痩せてると、思うんだけど…

|

« 折れた指揮棒 | トップページ | Catch a cold... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂の器:

« 折れた指揮棒 | トップページ | Catch a cold... »