« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月19日 (水)

朝日が丘

最近凝ってる自転車で、楽譜を郵送するために郵便局へ。

ようやくヘッドフォンに対する恐怖感が減ってきた今日この頃。
新しく買ったインナーヘッドフォンはさすが、良い値段がするだけあってイイ音。

あれ?
と思ったら電池切れ。
繋がっていたコードを外すと、耳にはいろんな音が飛び込んでくる。
風の音、雑踏の音、音、音、音・・・
なんだか急に世界が色を増したような気がして、匂いまで感じてきた。

「ヘッドフォーンで、ふさぎ続けた耳には、風切る音さえ、美しい」

そんな歌の歌詞を想い出してちょっと涙が出そうになった。

自分でも驚くぐらい、音楽が湧いて出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のオーケストラ

誤解のないように初めにことわっておきますが…

僕は相手がアマチュアであろうとプロであろうと、常に全力で音楽と人と向き合います。
仮に小学生のオーケストラであろうとも、です。
それが僕のスタイルであり、自分を支える柱でもあります。
僕の尊敬する音楽家も、大好きな音楽家も、優れた人はみんなそうです。
と言うか、「無心」で真摯に音楽に向き合っている、と思うのです。
僕も夢中になれば相手が誰であるかを忘れてしまいます。
出来るだけそうでありたい、と思っています。

理想ではそう言っても、練習量や様々な他の事情によって、絶対的な音楽の完成度には差ができます。
でも、音楽の満足度・達成感、を左右するのはやはり、どれだけ持てる力を発揮できたかによると思うのです。
きれい事でも慰めでもなく、どれだけ、精一杯力を絞りだすことができたか、だと思うのです。
そこに在る感動が真実だと思うのです。
少なくとも僕の中では。

指揮者は自分の求める音楽を、はっきりと自分の中に作り上げ、それを実際の演奏とすり合わせて音楽を創り上げていく。
指揮者の想像を越えるプレイヤーの音楽性やテクニックを聴いて、それを活かして変化もしていく。
それが一般的な音楽づくり。

しかし、あの日以来、僕の頭の中では「理想の音楽」が「理想の演奏」によって強く鳴り響いています。

音の消えた病室で、絶望しかけた僕を支えたのは友人の言葉と、「自分の中の音楽」でした。
自分の中で鳴り続けていたオーケストラは、自分の望む音そのままだったのです。
それを再確認して僕は指揮者に戻れたのです。

その音を、音楽を、実現したい。
もっと追究て奏でたい。
もっともっと音楽をしたい!!
その想いで心が張り裂けそうになります。

わざわざ「誤解のないように…」と書いたのは、「理想の演奏」は決して現実のオーケストラへの不満ではないから。
「理想の音楽」それは現実の音楽への失望でもないから。

いつか、自分の中の理想の演奏と、現実の演奏の感動とを融合させたい。
そのためには、もっともっともっと本気で暴れたい。
本気で求めたい。

弾けそうな心で、そう思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タジン鍋

20111017133924タジン鍋を買ったのです。

これが思ったよりかなり優れもの。

例えば、キャベツを太めの千切りにして山盛りに。

20111017133944その上に豚ローススライスを数枚。

ひき肉をほんのちょっと加えるとキャベツの甘味が引き立つ、と聞いて追加。

20111017140522水も油もまったく入れずに弱火でしばらくそのまま。

塩を少し入れるとそれはそれでいいのですが、あとで好きに味付けして食べたいので胡椒を粗く挽いて入れるのみ。

写真はあまり美味しそうではありませんが…
これが美味しいのです!
蒸し焼きになるのですね。
キャベツが甘い!
味ぽんで食べるのが好き。

ちなみに野菜はもっと大量に、ぎゅうぎゅう詰めにするのがイイみたい。
一人メシには最適!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

山に行きたい

Sdsc08460ダム好きの聖地「黒部ダム」、通称「くろよんダム」
何度も来ていますが、3年ぶりの訪問。

仕事の合間に来たのでゆっくり、とはいけませんでしたが、それでもアルペンルートの「大観峰」までなんとか。
黒部の山々も水も木々も、「何年経っても変わらず」そこで待っていてくれました。

でもダム堤体や周辺を見てびっくり。
地震によるズレやヒビがあちこちに見られます。
なかなかリアルで恐ろしかったです。

Sdsc08476山の上は標高2300メートル越え。
気温も6℃ほど。
室堂まで行ければそこは3000メートル級の山の嶺。
苦労なしにそこまで行けるのはすごいことです、が…

それにしてもタンボ平は見事な紅葉。
このタンボ平、絨毯のように草樹が敷き詰められて…と見えますが、3メートルほどの樹々の群生地。
本当は、「何年も経っても変わらずそこに在る」、のではなく、生まれて死んで、また強い生命力で次々に生まれいくことの繰り返しの中でできている風景なのですよね。
山も、空も、水も。

大観峰の澄んだ冷たい空気を吸い込みながら、「自分の足でここまでたどり着いたらどんな気持ちでこの空気を吸うのだろう?」と考えました。
山登りの経験などほとんどない僕ですが、いつか必ず挑戦したいと思います。

テンションの上がった僕は帰宅直後から、「黒部ダムと周辺」やNHK「プロジェクトX」のDVDを観てしまい、そのまま「黒部の太陽」前・後篇をすべて観てしまいました。
気が付くと朝6時…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランラン

111010_163756銀座ソニービルでランランに会ってきました。

来日記念のイベント。
プレスへのサービスとソニーの販促(?)の一環。

音楽家は常に頭の中に理想の音楽を創らねばならない。
その音楽にはきちんと理由がなければならない。
その感性には裏付けのある熟成がなければならない。

でも、ついつい現実の壁に負けて理想を忘れがち。

たとえば、
楽器の特性に慣れてしまって悪い音程に違和感を感じなくなってしまった管楽器奏者。

たとえば、
技術の困難さから音楽とは関係のない「テンポの揺れ」を容認してしまう弦楽器奏者。

まあ、楽器独特の“味”と言える部分もあるのだけれど…

そして、自分のテクニックの未熟さから、自分の創りたい音楽から離れた演奏をしてしまう…
まあ、要するに自分のピアノ演奏についてとっても悔しく思っているワケで。

ランランの演奏を生で間近で聴いて、そのあたり如実に実感しました。
「自分のテクニック内で表現をする」のではなく「自分の表現したい音楽にテクニックを追いつかせる」ということ。
あくまで自分の理想の音楽を高い意識で追求し続けること。
まあ、一般的にはキビシイ自分への鍛錬があって行きつく世界であることに変わりはないのですが。
指揮者として、演奏者との間のセッションも含めて、そこは薄めたり緩めたりしてはツマラナイのですよね。

と言うわけで、演奏を聴いた後リストやらショパンやらペンデレツキやら、ピアノ譜を一杯買いこんでしまったのでした。
いつさらうねん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone4S

20111010171105銀座のMAC(ハンバーガーではない)の前を通りかかったら人だかり。

どうやら亡くなった巨星の追悼に、人々が寄せたメッセージらしい。
齧ったリンゴとかもあって。
それもカラーのリンゴがあって、AppleⅡやiMacより前のマッキントッシュを知っている僕ら世代には感慨も一入。

噂ではiPhone4Sの名前の由来にも諸説紛々あるようで。

それにしてもこのiPhone4S
通話機能を必要としていない僕にとっては、iPod touchで十分。
通信ももうチョイ速ければなぁ。

で、次のiPod touchの早い発売を所望します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それは素敵な贈り物

20110828120951こんなのもらっちゃいました。

そう、アノ’万能薬’「ケロリン」です。

頭痛持ちの僕は結構お世話になりました。
なぜかよく効きます。

ところが意外に世間の認知度低し…
と言うわけでいつも車に乗せっぱなしで普及に努めています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

わからじの森

20110610120703ここがどこか…
というと、自宅から徒歩5分ほどの遊歩道。

どんだけ田舎住まいなの?
と見えるでしょうが、結構交通の便のいいところです。

とは言え、都心に一部屋欲しいと思う今日この頃…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

冷たい雨

最高気温16度。
しのつくように降る冷たい雨。

最近屋上で考え事するのが好き。
チャイーを一杯。
「ネスカフェ カフェグスト」は手軽にいろんな味が楽しめる。
エスプレッソ、ホットチョコ、エスプレッソ、マキアート、抹茶オレ、等々。
でも本当は、チャイーは茶葉をミルクで甘~く煮た、あの感じ、が好き。

パラソルにあたる雨音を聴きながら、つらつらといろんなことに想い巡らす。

夢、希望、
好きなこと、嫌なこと、楽しいこと、悲しいこと、
怒り、悩み、辛さ、辛さ、
やりたいこといっぱい、楽しいこといっぱい、
見たいものいっぱい、行きたいところいっぱい、
欲しいものいっぱい、なりたいものいっぱい、
作りたいものいっぱい、伝えたいこといっぱい…

まだまだ自分の中には、渦巻くいろんなものがある。

それを感じて、

また明日が楽しみになる。

また、明日が怖くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tablet S その後…

つらつら書いた割に反響多数…
案外興味ある人多いんですね。

値段はどう?

32GB・Wi-Fiモデル、クレードル、液晶保護シール、キャリングカバー、で55000円ぐらい。
本体の値段はiPadとわざと同じにしているみたい。
後発機種で参入するには正直ちょっと高い…

買う前に比べた機種はあるか?

iPad2とGARAPAGOSとTablet S あたりで迷いました。
他の選択肢でMacBookAirとVAIOSシリーズも考えました。

決め手は?

家では無線LAN、外出時には必要な時のみネットにアクセス、ブログ・ツイッター等の更新、PCメール、がやりたかったことのほとんど。
それに動画閲覧、ゲーム、地図検索、ゲーム、音楽、等々…
つまりiPod touchで十分なのです。
でも、新幹線等での移動、ちょっとした空き時間、ホテルの客室、等で使うには大画面と入力のしやすいほうが便利。
じゃあノートPCがぴったり…なのですが、あまりかさばるのも困る…

スイッチオンですぐ使えるレスポンスと軽いOS、それとデザインでタブレット購入を決めました。
iPod touchを愛用しているので、アプリも共有できるiPad2が第1選択だったのですが、GPS機能とアンドロイドの将来性に期待してのTablet S チョイスになりました。
他に、iPadの持ちにくさもありました。

GARAPAGOSとGALAXYは画面の小ささから選外。

人に勧めますか?

う~ん、場合によりますが…

車での移動が多く、文字入力もそこそこ多く、専門的ソフトを使う機会も多いなら迷わずノートPCですね。
MacBookAirはタブレットに匹敵する即応性と薄さだし、VAIOのSシリーズは圧倒的な高性能とMacBookAirにつぐコンパクトさだし。

もう少し手軽に使う事を考え、一社独占開発の安心感ならiPad。
拡張性と選択肢の多さならTablet S 。
正直薦めるならiPad…
Tablet S 買ったのを後悔してはいませんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

Sony Tablet S

S1使ってみました。
ソニーのタブレット「S」
VAIOとかBRAVIAとか名前が付かずに、ただの「S」
ソニーが本気で出したマシンだと信じたい…
iPod touchも重宝していて手放せませんが、日本の誇る「世界のソニー」の製品に期待してもいます。

接続

イーモバイルのGP02を使っています。
最高速42Mbpsは伊達じゃない!と言うほどでもないのですが…まあ、満足いくスピードです。
サービスエリアと実用域のスピードを考えるとイーモバイルかソフトバンクが今のところ最善かと思います。
DocomoのXiはまだまだエリアが狭く、地方ではFomaでの通信が多くなるでしょう。

iPhoneに代表されるように3Gなどの通信機能が付いているほうが外出時の接続の手間は省けます。
でも、「家では無線LAN、外出時は必要な時のみ接続」と言う使い方であれば、汎用の無線ルータを持つ方が拡張性もあり便利だと判断しました。
本体も身軽になるし、電池消費も抑えられるし、他の機器でもWiFiが使えるし。
頻繁にネットにつなぐ使い方なら内蔵型のほうが良いでしょうね。

形状と画面

シルバーの部分は樹脂製ですが、アルミのような質感。
iPadや他の製品に比べ、言われてみれば樹脂の部分の質感が乏しいのですが、まあ好みの問題かと。
「ちょっと安っぽい作り」と言われているようですが、僕はそうでも無く感じています。
画面はソニーお得意のピアノブラック。
筐体と画面が一続きのような印象なのでむしろ高級感を感じます。
解像度は1280*800(iPadは1024*768)で大きさは9.4インチ(同9.7インチ)
ライバルiPadとほぼ同じ大きさながら持った印象は結構違います。

薄くフラットな印象のiPadに対して、非対称の厚みと紙を折り曲げたようなデザイン。
縦画面で使う際に左手で厚みのある方を持つととても使いやすい。
これは書籍や雑誌、その他の閲覧媒体では威力を発揮します。
ただし、回転にきちんと対応しているアプリでないと意味がありません。
実はいくつかのアプリで試したところ、逆の縦画面しか使えないものもありました。

手に持って使う際にはiPadよりも使いやすく、テーブルに置いて使う際にもその非対称の厚みが横画面では重宝します。
縦画面でテーブルに置くと斜めになることになり、これは使いやすいとは言えません。
キャリングカバーを使えば解消され、自立も出来ます。

iPadに比べ、重さも大きさもほぼ一緒ですが厚みはiPadの方が薄く、スマートです。
使いやすさでTablet S、シンプルさでiPad、と言ったところでしょうか。

アンドロイドとiOS

アンドロイドというプラットフォーム、かつてのWindows のようにモバイルOSを席巻していくのでしょうか?
今の段階では、数段iOSの方が洗練されていると思います。
画面の動き、ソフトの管理、安定性、どれをとっても。

Tablet Sでは操作性等はかなり向上していると思います。
慣性スクロールも自然です。
でも、iPadやiPod touchに比べるとまだまだ。

MACとWindowsマシンの関係のように、方や純粋成熟路線、方や派生進化分化路線。
アンドロイドはやはりWindowsのようにユーザーがファイル操作などをしやすい環境にあり、iOSではユーザーはソフト(アプリ)に全てを任せている印象。
結局は後者の方がユーザーの仕様外の操作が少なくて済む分、安定していると言えます。

アプリ

Appleの戦略はやはり流石。
iTunesでのソフト面の総合管理はiCloudで盤石の構えのようですし。
アンドロイドの混沌は一つの魅力と可能性、と言えるのかもしれませんが、まだまだ未成熟。
今後に期待、なのでしょうか。
Appleで削除対象となったアプリがアンドロイドで配布されているのは、無秩序の現れのようにも感じます。

Tablet Sに標準で入っているアプリはそこそこ優秀です。
カレンダーはGoogleカレンダーと同期可能で、必要な機能はほとんど揃っていると思います。
画像、動画閲覧も、まあ普通。
動画の対応形式が少ないけれど、今後増える予定だそうです。
気になるのは、動画再生中に縦横を切り替えるといちいち停止することと、メールや他の情報着信時にも再生が滞ること。
そのうち改善されるのかな?

メールソフトは使いにくい…
Tablet SやiPadをメイン機として使用する人は稀でしょうから、メールはサーバーから削除しない設定にする人がほとんどでしょう。
しかし、メールの保存ができない上に、サーバーから消されたメールはTablet S上からも消されてしまい、残らない仕様なのです。

面白いのはリモコンアプリ。
自宅の電化製品の、赤外線を利用しているリモコンは全てTablet Sで操作できます。
エアコンもテレビも電燈もTablet Sで一括操作。
まあ、便利です。

クレードルに挿しているときにフォトフレームになったり、ニュースビューワーやネットビューワーになるのは便利。
自宅のLAN上の機器(PCやPlayStation3やテレビ等)でTablet Sの画像や動画や音楽を再生したり、逆にTablet SでPCのデータや録画したビデオやブルーレイを再生したり、はとっても魅力。
いちいちデータを移す必要なし。
まあ、iPad・iPod touchにもAir MACがあるけれど。

PlayStationのソフトが遊べる、と言うのもウリの一つのようだけれど、付属している「みんなのゴルフ」は残念な出来。
当時の解像度そのままの移植で、画像が粗い上に反応が悪い。
まったく実用にならず。

他のアプリもまあまあ標準的。
でも、総合的にはやはりAppleが上かなぁ…

他の機能

静止画撮影も動画撮影も、まあこんなもの。
その場でブログやソーシャルネットワーク等にアップロードするには十分。
もっと高画質が欲しければカメラやビデオでいいわけだし。

現段階で嬉しいのはGPS機能。
iPadやiPod touchでは通信機能がないとGPS機能は付いていないのです。
GALAPAGOSには付いています。
あるとないとではマップの使い勝手が段違い。

それとUSB端子とカードスロット。
Tablet Sは32GBが最大ストレージ容量。(iPadは64GBが最大、GALAPAGOSは1GB)
なので、SDカードが直接挿せるのは便利。
USB端子で直接PCと繋いでファイル操作ができるのも便利。
USBで充電できないのが珠に傷…

最後に

アンドロイドというプラットフォームに今後どんな展開があるのか、まあ期待しています。
Windows Mobileは結果的に消滅しちゃったし、タブレットメディアもやがてスマートフォンとシームレスになるのでしょうが。

ダメだと判断するとあっという間に切り捨てるのが最近のSony
Tablet Sはどういう行く末なのか、気になります。

現時点でタブレットを選ぶなら、アンドロイドならTablet S、それ以外ならiPad2。
どちらかをとるなら、僅差でTablet S
Windowsもタブレットに対応しているし、iPad3ももうすぐ出るようだし、これからどうなるかわからないけれど、とりあえずTablet Sには頑張って独自の世界を築いてもらいたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

秋の日

Img_20110923_164126

深まり行く秋の午後。
ちょっとだけポタリング。

噂にきいた近所の喫茶店を発見。
今度来てみよう。

突発性難聴になってからちょうど4ヶ月。
今では全く違和感なく、支障もない。
あれだけ苦しんだことも遠い過去のことのよう。
というか、現実の出来事じゃなかったみたいに他人事のようで。

怖くて右耳にはしていなかったイヤフォンを左右ともしっかり付けてペダルをこぐ。
聴いたのはPearl PierceとVoyager
10年ぶりぐらいかも。
いいものはいいなぁ、やっぱり。
もう大丈夫。
もう、大丈夫。

いろんなことがあって、これからもいろいろあるだろうけど、
もう、だいじょうぶ。

金木犀が優しく香ってる。
このぐらいが丁度いい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »