« 秋の日 | トップページ | Tablet S その後… »

2011年10月 5日 (水)

Sony Tablet S

S1使ってみました。
ソニーのタブレット「S」
VAIOとかBRAVIAとか名前が付かずに、ただの「S」
ソニーが本気で出したマシンだと信じたい…
iPod touchも重宝していて手放せませんが、日本の誇る「世界のソニー」の製品に期待してもいます。

接続

イーモバイルのGP02を使っています。
最高速42Mbpsは伊達じゃない!と言うほどでもないのですが…まあ、満足いくスピードです。
サービスエリアと実用域のスピードを考えるとイーモバイルかソフトバンクが今のところ最善かと思います。
DocomoのXiはまだまだエリアが狭く、地方ではFomaでの通信が多くなるでしょう。

iPhoneに代表されるように3Gなどの通信機能が付いているほうが外出時の接続の手間は省けます。
でも、「家では無線LAN、外出時は必要な時のみ接続」と言う使い方であれば、汎用の無線ルータを持つ方が拡張性もあり便利だと判断しました。
本体も身軽になるし、電池消費も抑えられるし、他の機器でもWiFiが使えるし。
頻繁にネットにつなぐ使い方なら内蔵型のほうが良いでしょうね。

形状と画面

シルバーの部分は樹脂製ですが、アルミのような質感。
iPadや他の製品に比べ、言われてみれば樹脂の部分の質感が乏しいのですが、まあ好みの問題かと。
「ちょっと安っぽい作り」と言われているようですが、僕はそうでも無く感じています。
画面はソニーお得意のピアノブラック。
筐体と画面が一続きのような印象なのでむしろ高級感を感じます。
解像度は1280*800(iPadは1024*768)で大きさは9.4インチ(同9.7インチ)
ライバルiPadとほぼ同じ大きさながら持った印象は結構違います。

薄くフラットな印象のiPadに対して、非対称の厚みと紙を折り曲げたようなデザイン。
縦画面で使う際に左手で厚みのある方を持つととても使いやすい。
これは書籍や雑誌、その他の閲覧媒体では威力を発揮します。
ただし、回転にきちんと対応しているアプリでないと意味がありません。
実はいくつかのアプリで試したところ、逆の縦画面しか使えないものもありました。

手に持って使う際にはiPadよりも使いやすく、テーブルに置いて使う際にもその非対称の厚みが横画面では重宝します。
縦画面でテーブルに置くと斜めになることになり、これは使いやすいとは言えません。
キャリングカバーを使えば解消され、自立も出来ます。

iPadに比べ、重さも大きさもほぼ一緒ですが厚みはiPadの方が薄く、スマートです。
使いやすさでTablet S、シンプルさでiPad、と言ったところでしょうか。

アンドロイドとiOS

アンドロイドというプラットフォーム、かつてのWindows のようにモバイルOSを席巻していくのでしょうか?
今の段階では、数段iOSの方が洗練されていると思います。
画面の動き、ソフトの管理、安定性、どれをとっても。

Tablet Sでは操作性等はかなり向上していると思います。
慣性スクロールも自然です。
でも、iPadやiPod touchに比べるとまだまだ。

MACとWindowsマシンの関係のように、方や純粋成熟路線、方や派生進化分化路線。
アンドロイドはやはりWindowsのようにユーザーがファイル操作などをしやすい環境にあり、iOSではユーザーはソフト(アプリ)に全てを任せている印象。
結局は後者の方がユーザーの仕様外の操作が少なくて済む分、安定していると言えます。

アプリ

Appleの戦略はやはり流石。
iTunesでのソフト面の総合管理はiCloudで盤石の構えのようですし。
アンドロイドの混沌は一つの魅力と可能性、と言えるのかもしれませんが、まだまだ未成熟。
今後に期待、なのでしょうか。
Appleで削除対象となったアプリがアンドロイドで配布されているのは、無秩序の現れのようにも感じます。

Tablet Sに標準で入っているアプリはそこそこ優秀です。
カレンダーはGoogleカレンダーと同期可能で、必要な機能はほとんど揃っていると思います。
画像、動画閲覧も、まあ普通。
動画の対応形式が少ないけれど、今後増える予定だそうです。
気になるのは、動画再生中に縦横を切り替えるといちいち停止することと、メールや他の情報着信時にも再生が滞ること。
そのうち改善されるのかな?

メールソフトは使いにくい…
Tablet SやiPadをメイン機として使用する人は稀でしょうから、メールはサーバーから削除しない設定にする人がほとんどでしょう。
しかし、メールの保存ができない上に、サーバーから消されたメールはTablet S上からも消されてしまい、残らない仕様なのです。

面白いのはリモコンアプリ。
自宅の電化製品の、赤外線を利用しているリモコンは全てTablet Sで操作できます。
エアコンもテレビも電燈もTablet Sで一括操作。
まあ、便利です。

クレードルに挿しているときにフォトフレームになったり、ニュースビューワーやネットビューワーになるのは便利。
自宅のLAN上の機器(PCやPlayStation3やテレビ等)でTablet Sの画像や動画や音楽を再生したり、逆にTablet SでPCのデータや録画したビデオやブルーレイを再生したり、はとっても魅力。
いちいちデータを移す必要なし。
まあ、iPad・iPod touchにもAir MACがあるけれど。

PlayStationのソフトが遊べる、と言うのもウリの一つのようだけれど、付属している「みんなのゴルフ」は残念な出来。
当時の解像度そのままの移植で、画像が粗い上に反応が悪い。
まったく実用にならず。

他のアプリもまあまあ標準的。
でも、総合的にはやはりAppleが上かなぁ…

他の機能

静止画撮影も動画撮影も、まあこんなもの。
その場でブログやソーシャルネットワーク等にアップロードするには十分。
もっと高画質が欲しければカメラやビデオでいいわけだし。

現段階で嬉しいのはGPS機能。
iPadやiPod touchでは通信機能がないとGPS機能は付いていないのです。
GALAPAGOSには付いています。
あるとないとではマップの使い勝手が段違い。

それとUSB端子とカードスロット。
Tablet Sは32GBが最大ストレージ容量。(iPadは64GBが最大、GALAPAGOSは1GB)
なので、SDカードが直接挿せるのは便利。
USB端子で直接PCと繋いでファイル操作ができるのも便利。
USBで充電できないのが珠に傷…

最後に

アンドロイドというプラットフォームに今後どんな展開があるのか、まあ期待しています。
Windows Mobileは結果的に消滅しちゃったし、タブレットメディアもやがてスマートフォンとシームレスになるのでしょうが。

ダメだと判断するとあっという間に切り捨てるのが最近のSony
Tablet Sはどういう行く末なのか、気になります。

現時点でタブレットを選ぶなら、アンドロイドならTablet S、それ以外ならiPad2。
どちらかをとるなら、僅差でTablet S
Windowsもタブレットに対応しているし、iPad3ももうすぐ出るようだし、これからどうなるかわからないけれど、とりあえずTablet Sには頑張って独自の世界を築いてもらいたいなぁ。

|

« 秋の日 | トップページ | Tablet S その後… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sony Tablet S:

« 秋の日 | トップページ | Tablet S その後… »