« 眠れぬ夜 | トップページ | ドルチェ »

2013年3月 9日 (土)

白い春

今年も白い春が来る。

ドラマの「白い春」で描かれる”白さ”は純粋で清らかで、
自分の心の奥の大切なものをもう一度信じられる。
自己啓発や説教とは違う、また共感や感動ともちょっと違う。

認めるけれど負けないこと
気付くけれど恥じないこと
愛するけれど求めないこと

白くあり続けたい、と思うまでもなく、結局いつまでも白いばかりのキャンバスを抱えて、明日を生きていく。

|

« 眠れぬ夜 | トップページ | ドルチェ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

早速第3話まで観ました~。

投稿: Anton | 2013年3月11日 (月) 15時32分

白いキャンバス持ってるなんて素敵じゃないですか。キャンバスを持たない人もいるし、何を描きたいかわからない人もいますよ、たくさん。描き方は色々だし、描いた画の評価が分かれるのは仕方のないことだと思います。大きな美術館に展示されて観る人が多くなるほど賛美の数も批判の数も増えるし。私は白いキャンバスを持ってる友さんに憧れるし応援したいって思っています。

投稿: Anton | 2013年3月12日 (火) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い春:

« 眠れぬ夜 | トップページ | ドルチェ »