« 巨人の星 | トップページ | 食いしん坊 »

2013年3月26日 (火)

グリエール

レインホルト・グリエール
ホルン協奏曲ぐらいしか知らない作曲家でした。
近年になって「赤いけしの花」とか「青銅の騎士」といったバレエ曲を吹奏楽で演奏するようになって、日本での知名度も上がってきたように思えます(吹奏楽中心かもしれませんが)

そういえば、指揮者コンクールでサンクトペテルスブルグに一月ほど滞在した際、何人かの指揮者たちと連立って青銅の騎士の像を見に行きました。
市役所前の広場でそれらしく像を見つけ、あったあった!と記念撮影していたら通行人に、「それ、ピョートルの像だと思ってるなら違うよ。それはニコライ!」と言われ恥をかいたのを思い出します。

それにしてもこの作曲家、ほとんど知らなかったのです。
バレエ音楽の抜粋を聴いた限りでは、所々に琴線に触れるメロディや面白いアイディアはあるものの、それほど世の中でヒットしていない(ように思われる)のだから、瞬間的な才能の開花なのかな?ぐらいに思っていました。

ところで、アマチュアのオーケストラの演奏会の曲目というのはどうしても保守的になりがちです。
というのは、僕にとってはポピュラーに思える曲を提案してもマニアックに、或いは革新的にとらえられることが多いからです。
また、やっぱり人気のある曲はみんなやりたがるわけで、そんな名曲は百花繚乱数え切れずあるわけで、つまり決して悪い意味で保守的なわけでなく、やりたい曲が集中する、ということなのでしょうね。
1年に何回も演奏会がある楽団ならば、冒険や変化球もやりやすいのでしょうが。

今回、ある交響楽団から依頼された演奏会のメイン候補は「グリエールの交響曲第1番」
グリエールの交響曲でかろうじて知っているのは第3番ぐらい。
もっと他に良い曲あるんじゃないの?なんて思っていたのですが…

「これは、いいものだ」
1900年作曲。
グリエール25歳の時。
ワーグナーやロマン派の影響が強い、という見方もあるけれど、それよりも感じるのはロシアの民族的な要素。
リヤードフやボロディンがロシア民謡に根差した情緒性で作曲した曲に近い印象。
バラキエフやムソルグスキーにも同じように感じる部分が多い。
グラズノフやミャスコフスキーもそうなんだけれどもう少し垢抜けた感じ。
チャイコフスキーやリムスキーは少しその要素は減る感じ。
もちろん、曲によるけれど、全体的な僕のイメージ。
同年代のラフマニノフやスクリャービンはまた違う印象。

それにしても25歳のグリエールが自分の将来を世に問うべく発表したこの交響曲第1番。
主題の関連と発展、全体の構成やオーケストレーション、調性や拍子の選択、等々…稚拙、とは言わないまでもまだ発展途上の域にある、との見方も世に多くあるようです。
が、25歳のグリエールが自分の未来を賭して書き上げた当時の彼の最高作品なのです。
そんな玄人ぶった捉え方などせずに、その才能を全力で受け止めるべく楽譜を読んでいくと、この若い作曲家の前途洋々たる成長を感じずにはいられないのです。

1楽章最初のクラリネットのメロディは和声も含めて(出典があるかどうかはわからないけれど)ロシア民謡そのものです。
様々な民謡風の主題は全楽章を通じて登場し、この交響曲全体のイメージを創り上げているといえます。
それにしても所々に現れる、当時近代の他の作曲家が思いつかなかったであろうアイディアがとても面白いのです。
当時の作曲家たちは絶対にそれに気が付いたはずですから、「しまった、やられた!先を越された!」と思った人もいたかもしれません。

この交響曲を語るのにどうしても思い出すのが、ラフマニノフの「交響曲第1番」
学生時代から天才の評を受けていたラフマニノフが、やはり世に問うべく発表したこの交響曲第1番は大変な悪評をもって受け止められてしまいます。
それがもとで精神的に打撃を受けたラフマニノフは作曲が出来なくなってしまいます。
精神科医による治療を受けて再び作曲の筆を取り戻した彼が発表して、世界中にその名を轟かせるきっかけになったのが、かの「ピアノ協奏曲第2番」だったのです。

ラフマニノフはその後の交響曲第2番でも3番でも名声を博します。
が、交響曲第1番だけは生前、出版も録音も許しませんでした。
彼をそれほどまでに追いつめたこのいわくつきの作品、気になるでしょう?
現在では楽譜も録音も手に入るのです。
なぜ手に入るのかは詳しくわかりませんが…

そして楽譜を手に入れて録音を聴いてみると、そんなにバッシングに遭う理由がわからないのです。
確かに未熟な部分もあるかもしれませんが、それよりもこの若い作曲家の瑞々しい感性とアイディアに、これから生み出される曲達への期待を込めて、ワクワクするものを抑えられないのです。

あれ?
そう、グリエールの交響曲第1番との共通点に驚かされるのです。
どちらも新進気鋭の作曲家によるチャレンジングな、“第1番”なのです。
1873年生まれのラフマニノフが交響曲第1番を発表したのが1895年22歳の時。
1875年生まれのグリエールが交響曲第1番を発表したのが1900年25歳の時。
ほとんど同時期のお話なのです。
しかし、ラフマニノフは方向を変化させ、グリエールは同じ方向で自分を進化させていったのです。
それが良かったのか悪かったのかは、わかりません。

ラフマニノフは最晩年、亡命先のアメリカで故郷を想って最後の大きな作品「交響的舞曲」を書き上げます。
そして第1楽章の最後に「交響曲第1番」のメインテーマを用いるのです。
そこにあるラフマニノフの心に想いを馳せるとき、何かとっても大切なものを見つけられるような気がするのです。

グリエールがどこに行きついたのかは実はまだよく知りません。
この愛すべき交響曲第1番を仕上げたあと、グリエールの晩年の曲を聴いたとき、そこに何が見えるのか、楽しみです。

|

« 巨人の星 | トップページ | 食いしん坊 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

西村先生のお話、とても面白いです。
ラフマニノフが本当にお好きなんですね。
大学で講義でもされたらいいのに…
先生の指揮による演奏、聴きに行きたいです。

「これはいいものだ」
マクベですね?
「あれは、、、良いものだ~」
ですね

投稿: ちゃおちゃい | 2013年3月26日 (火) 15時17分

カップリングにコンチェルトはいかがですか?(笑)

投稿: kenshow | 2013年4月 2日 (火) 18時00分

やってくれるの~!(^_^)!
それはそれとして、
銀河鉄道の再演決まったよ。
みんなのうたにも採用されて出版もされるって。
また手伝ってくれる・・・よね(^_^)

投稿: YOU | 2013年4月 2日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリエール:

« 巨人の星 | トップページ | 食いしん坊 »