« 近況報告、続・船に乗れ! | トップページ | 量子力学と女子高生 »

2014年3月31日 (月)

作曲家として

作曲が好きです。

諸先輩方を差し置いて、エラそうなことを語るつもりは毛頭ないのですが…
しかし、頭に浮かぶ音楽を描きたい様に書ける、これって本当に幸せだと感じます。

僕の作曲作品は基本的に全て「東京ハッスルコピー」さんに預けることになっています。
ハッスルコピーはもちろん、この業界では知らない人はいない楽譜のエキスパート。
オケやミュージカルやレコーディングはもちろん、とにかく現場で一番出会うのがハッスルコピーさんの楽譜。
この何年かで出版譜にも意欲的に取り組んでいるようで、僕の譜面もいくつか出版されています。

  • PRAYER(吹奏楽)
  • パガニーニの主題によるヴァリエーション(吹奏楽)
  • Star Dust Menuet(ソロサックスと吹奏楽)
  • Con Fioritura(吹奏楽)
  • シュレーディンガーの猫(吹奏楽)

等々、吹奏楽の譜面が発売され、

  • Star Dust Menuet(A.Sax.+P.f.)
  • ひまわり(A.Sax.+P.f.)
  • ひまわり(Eup.+P.f.)
  • Sax Duo "Plyers"(S.Sax.+A.Sax.+P.f.)
  • Phapsodie pour Saxohpone(A.Sax.+P.f.)
  • Polonaise Brillante(Eup.+P.f.)
  • Pop Dance Suite(A.Sax.+P.f.)
  • Flute Spring(Flute Quartet)
  • Flute Summer(Flute Quartet)
  • Flute Autumn(Flute Quartet)
  • Flute Winter(Flute Quartet)

等、室内楽も続々…

いくつかは発売されていますCDで聴くことができます。
今後も吹奏楽や室内楽が出版される予定です。

とりあえず次は、ミュージカル「銀河鉄道の夜」のヴォーカル譜。
そして、吹奏楽版と、なんと本公演の小オーケストラ版もレンタル譜にて販売開始することが決まっています。

作曲は本業に非ず…
なんて逃げていましたがもうそれも能わず…

作曲家として、きちんと向かい合うべき時が来たようです。

|

« 近況報告、続・船に乗れ! | トップページ | 量子力学と女子高生 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作曲家として:

« 近況報告、続・船に乗れ! | トップページ | 量子力学と女子高生 »