« 中山晋平さん | トップページ | 春の月 »

2014年4月13日 (日)

恥ずかしいミス…カチューシャ

きのう書いた『カチューシャの唄』

今日、年かさの先輩と話していて恥ずかしいミスが発覚!

「カチューシャ」は人の名前だったのですね。
エカテリーナの愛称がカチューシャ。
なるほど、そう言えばロシアに同名の唄があり、それは確かに女の子の名前でした。

よく知ってる歌なのに…
兎に角、なぜか島村抱月が擬人化して歌っているのだと勘違いしていました。

カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて淡雪 とけぬ間と
神に願いを(ララ)かけましょうか

1914年、芸術座の公演、トルストイ原作の『復活』で主役を演じた松井須磨子さん。
彼女の歌う『カチューシャの唄』が大ヒットしました。
彼女が演じた主役の名は、「カチューシャ」

ついでに島村抱月と松井須磨子のスキャンダルの話も聞きました。
当時は大騒ぎになったようですね。
岡田嘉子さんの恋の逃避行の話も想起されます。

ともあれ、髪留めの一種「カチューシャ」の名前は、この舞台の大ヒットの便乗商品からとする説が有力。
だからまあ、通ずるものがあるわけですが。

年かさの先輩たちがお元気なうちに、いろんなお話聞かなければいけませんね。

|

« 中山晋平さん | トップページ | 春の月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしいミス…カチューシャ:

« 中山晋平さん | トップページ | 春の月 »