« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

自分の中の音楽

自分の弾くピアノの音が聴こえなくなった主人公。
それはある物語に登場するピアニスト。
彼は自分の中に自分の音を見つけていく…

最近、深夜にそーっとピアノを弾く。
ちいさく弾く分、丁寧に、大切に、音を並べる。
制約があるからか、演奏が拙い所為か、自分の中にやりたい音楽が溢れかえる。

数年前、音が聞こえなくなった時に、まず救われたのは友人の言葉だった。
不謹慎だが…死にたいと思った。
だが友人の言葉で僕は絶望の底なし沼から這い出ることが出来た。
決して大げさな表現ではない。

そして、まだ癒えぬ病と闘いながら自分を支えたのは、紛れもなく自分の中の「音楽」だった。
不安と恐怖の中眠れぬ僕は医者から処方された「眠る薬」を用法以上に一気に飲んだ。
あれは怖い薬だと思う。
手足を縛って、無理やり深い海の底に引きずり込まれるような感覚だった(用法を守らなかったやつが悪いのは言うまでもない)

意識を失う寸前、いやもう夢うつつだったのかもしれないが、音楽が聴こえた。
無論、実際の音ではなく心の中に。
チャイコやストラヴィンスキーや、ポップスもクラシックも、それこそ走馬灯のように次から次へと。
これは記憶の中の音なのか?このシンフォニーはベルリンフィル?指揮者はカラヤン?

いや、これは自分の理想の「音楽」
自分のやりたい「音楽」
俺の中には自分のやりたい音楽が溢れている!
それはまるで暗闇に灯るちいさな光のようで、
「ああ、そうか」
と思ったところまで覚えているが、次に目覚めたのは20時間近く経ってからだった。

病院のベッドで天井を見上げながらもう一度
「ああ、そうか」
と思って、声を殺して泣いた。

完治して、以前よりも音に対する愛情が増したのは以前も書いたが、
冒頭に書いた物語に接して今再び思う。

自分にはやりたい音楽がある。
今すぐにそれが出来なくとも、それでものたうち回って音楽と向き合おう。
苦しい気持ちと向き合わなければならない。
でも、それはきっととっても幸せなこと…

そんなことを思いながら、今日も深夜にショパンを弾いている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

銀河鉄道の夜、CD発売!!

劇団ひまわり制作のミュージカル「銀河鉄道の夜」
中島透さんの演出と脚本と作詞で2008年に初演しました。

その後再演もかさね、今年2014年には、

  • 吹奏楽団とのコラボで再演!!
  • 完全新録音盤でCD発売!!

と新しい話題も加わりました。

こちらはYouTubeのプロモーション動画
https://www.youtube.com/watch?v=SLBZAZg13Sk#t=55

こちらはCDとDVDの販売情報
http://www.himawari.net/school/kanto/tokyo/news/1243.html
http://gekidan-himawari.ocnk.net/product/89

是非聴いて、観てもらいたいのです。
上記から購入できますが、私宛にメールいただければサインぐらいは付けられます。
え?いらない?そうですよね、どうか上記からお買い求めください!

ちなみに楽譜はハッスルコピーから
https://www.hustlecopy-store.com/contact/index.php

「銀河鉄道がやりたい!」と連絡してください(*^_^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

銀河鉄道の夜

Img_3317


久しぶりに、本当に久しぶりに銀河鉄道に乗った

あれから僕は少しは前に進めたのだろうか?

分からない

分からないけれど

あの時手にした切符はまだ僕の手の中にある

それは相変わらず、不思議に光って、

新しくも古くもある

見様によっては、

ああも、こうも、見える

それでいいのだけれど、

やっぱり僕は一人だ

https://www.youtube.com/watch?v=SLBZAZg13Sk#t=55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

みかこさん

青春は今も続いていて、未来への夢も希望も、過ぎた日への懐古と後悔も、同じように続いている。

そうは思っていても、時は容赦なく歩き続け、未来への残り時間と、過去の積み重なる時の記憶は、反比例してその差を広げていく。

まあそれはわかっているし、それでも未来は洋々としているし、それでいて過去も甘酸っぱく自分の中にある。

「みかこさん」を読む。
何度読んでも胸が締め付けられる。

誰にでも共感してもらえる作品ではない。
ありふれた内容なのかも知れない。

でも、忘れてはいけない、忘れたくない、感性をそこに感じて、
いつもちょっぴり立ち止まる。

焦りと不安と、逃避と現実と。
二度と来ない季節への切ない想い。
手からこぼれ落ちる砂のような時と想いの儚さ。
目の前の今を無邪気な残酷さで切り捨てていく、若さの疾走。
忘れたくない今と、霧の中の未来との間で揺れ動く自分の心。
今見上げた月と、明日昇る月を、比べることなく同時に感じることのできる自由な感性。
誰にも見えないところに自分を刻む、狂おしいほどの自己顕示。
知りたくなかったのに気付いてしまった、あの人の視線の先。

あんなに暑かった夏の日の校庭、
人でむせ返った昇降口、
笑い声のこだまする階段の踊り場、

いつも時の運びは無慈悲で残酷に見えて、
その実とても優しい。
過ぎて行く昨日を、物語へと変えていく。

一人座って夕日を眺めた、教室の窓際
座り慣れた木とパイプの椅子。
すべりの悪い重い鉄の扉。

日常が想い出へと姿を変える。
幾度も経験するうちにそれすら日常になる。

歩きなれた歩道
ポプラの木漏れ日が、春には眩しく揺れ、夏には影を縫い付け、秋には刻々色を移ろい、冬には灰色の風をまとって
けれど、何かのきっかけで、それは明日からは誰かほかの人のものになる。

そんなことはたくさんあるんだけれど、

忘れたくないのは、

それを心から惜しんだり、愛したりする気持ち。

昨日を大切に、明日を楽しみに想う、気持ち。

まあ、

そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

欲しいもの

「何かを発信したい」と言う心、

大切だと思うのです。

同じように、

「何かを望む心」

これも絶対必要だと思うのです。

「望む心」無くして夢には届かない、と。

ちょっと最近、欲がない自分に反省しているのですが…

とりあえず、欲しいものを一つはっきり持とうかと思い、

今一番欲しいのはこちら

ThTh2

「BMW i8」という車。
これが絶対欲しいのです。
というか、買うことに決めました。
いつの日か。

で、先日某所にディーラーに行きカタログをしっかり頂戴してきました。
この車、まだ日本には2台しかないのだそうです。
当然見る機会などなかなかないわけで。

で、今日もお昼を食べながら、カタログを広げて友人にその素晴らしさを力説したところだったのです。

ところが、ところがです!
お店を出てわずかに走ったところで、今見たばかりの車影が路肩に。

「i8!!!!!」

停まっていたのです、i8が。
日本に2台しかないその車が。

興奮して隣に車を止めてi8に接近。
恐る恐る運転席の人物に声を掛けると、快く(?)お話に応じてくださいました。
ところがその方どこかで見たような…

!!!
車好きなら絶対知っている通称(?)「教授」のO埼さん。
そう、息子の五郎さんもテレビで活躍中の自動車評論家のあの方でした。

なんと左のリアタイヤがバーストし、結構リアサイドが傷んでおりました…
諸々込みで2000万円越えの車です。

なんだか興奮して失礼なことをいっぱい口走ったようですが…
いろいろお話しし、運転席にと勧めていただき(座る勇気がなかったのですが)、トランクや室内も見せていただき、大興奮だったのでした。

これは近いうちに手に入る予兆、に違いない!

と思うのです。

・・・

と、思いたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

青い画用紙

青い画用紙に一本の白い線。

今年の夏、真っ青な真夏の空にくっきり白い線を描く飛行機雲を見た。
クレヨンで描いたように、白い線の輪郭はちょっと柔らかく、でも定規で引いたようにどこまでもまっすぐで。
夏の昼間の暑さがまだ始まる前の朝の空気を浅く吸って、思いもかけず木々の匂いを感じて続いて深く吸った。
そこは生まれた場所でもなかったのに、なぜだか泣きたくなるほど懐かしくて、手足がすくむように立ち止まってる自分が、空の高みから見下ろしたように小さく見えた。

嘆くことはいくつもあるけれど、でも、やっぱり、自分を信じたい。
目の前のことをただこなしていると、だんだん視界が狭くなる。
夢は遠くに輝いているのに、目線が下がっていると近くの悲しみにばかりとらわれる。

朝の湿り気のある空気がだんだん乾いて、明るさを増してきた陽の光が、木の葉の影を肩のあたりに落としている。
圧力すら感じる光のエネルギーが、揺れる葉の陰に合わせて、僕の肩を押しているようだった。
陽の光に励まされるように歩き出して、また一日が始まった。

今日屋上から空を見たら、その夏の朝のことがありありと思いだされてなんだか涙が出たのです。
本当に他愛のない、どこにでもある日常なのに。
深まる秋の空は夏の青さにはほど遠く、
でもそこに引かれた一本の白い線は、
やっぱりどこまでもまっすぐなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

再開、再会

いろいろと忙しかった夏が終わった。

今年は本当にいろんなことがある…と書いたところで、考えてみたら、去年の暮れから、いや、結局毎年事件の連続だなぁ…

もともと一つのことにこだわる性格らしい。
それだけにいろいろ自分の中で辛い事も溜まっていく。

その反面、とっても楽天家でもあるようで。
眠って起きると、大抵のことは軽くなる。

とりあえず、7月以降はきつかった…
今年から本格的にお付き合いの始まった「大阪市音楽団」の為に書いた曲が思いのほか大変で、そのほかの作・編曲も重なって10月は指揮以外のすべての時間は”書き”。
で、最後の一週間はほとんど徹夜の連続。
おかげで良い作品が書けましたが。

さて、ブログは続けます。
「発信したいことがある」と言うのが、とっても大切なことだと思うから。
どんなに小さな出来事でも。

やりたいこと、やらなければいけないこと、はまだまだ続くのだけれど、ちょっと小休止。
やっと温泉でも行けるかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »