« 時の流れと忘却と、無知 | トップページ | 水のオンディーヌ »

2015年5月 7日 (木)

人と違う時の流れの中で

絵を見る。

静止画は時間を止めて、
しかし絵の中の風景は流れる時間の中に心を誘う。

心に浮かぶ音楽は、時の流れとともにあり、
しかし、その時の流れは現実の時間とは違う。

静止した時間の中に流れる時間があり、
その絵を眺める自分は現実の時間の流れの中にいるはずなのに、
傾いた陽の光に、経る時を知る。

音楽を聴く。

流れる時間の中に静止した風景が見える。
瞬時に飛び去る早回しの人生が見える。
スローモーションの一場面が語り掛ける。

時に現実の時間を遥かに超えて、時は過ぎ去り、
時に現実の時間の中にありながら、時はその動きを止める。

たった0.1秒の感動が1時間の音楽になり、
悠久の時の流れが1秒の和音に集約される。

現実の時の流れから解き放たれて、
自由に心の羽を広げるとき、
音楽は溢れて流れ出す。

ココロはいつも、自由だ。

僕はいったいどこの次元世界をどの時系列で生きているのだろう?
僕は一体何歳なのだろう?
僕は一体何者なのだろう?

|

« 時の流れと忘却と、無知 | トップページ | 水のオンディーヌ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

普遍的なテーマですよね。
でも、今を自分らしく精一杯生きよう、とボクは思ってます。
友さんもそうしているように。
マジレスですみませんっ…(笑)

投稿: Kenshow | 2015年5月 8日 (金) 11時05分

いや、マジレス嬉しい
今を一生懸命生きる、と言うことに尽きるよね。
その道がきっとどこかに通じている、と信じて(*^_^*)

投稿: YOU | 2015年5月11日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人と違う時の流れの中で:

« 時の流れと忘却と、無知 | トップページ | 水のオンディーヌ »