« サンダーバード、それから | トップページ | ある雨降りの午後、或いはオンディーヌII »

2016年1月28日 (木)

サンダーバード、追記

サンダーバードコンサートで東京公演分の指揮をお願いした「I君」と新宿で呑みました。

ロシア、サンクトペテルブルクに数回の留学経験のある彼と呑むなら、ここはロシア料理店へ!
…と思ったのですが満席のためイタリア料理店へ。

はじめ少なかった客はやがて店内にあふれ、楽しげな会話、賑やかな喧噪、がとても心地よかったのです。

二人連れの女性、数人の女子会、デートのカップル、グループの男女、
きっとそのほとんどは仕事帰りの会社員の方たちで、20代前半から40代ぐらい?
そこに混じってもう少し高齢の落ち着いたお客さんもちらほら。

そこで、はた、と思ったのです。
ああ、会社勤めの経験のない僕はこういう青春を知らないなぁ。
仲間と仕事帰りに旨いものを食べ、呑み、語らう。
なんだかとっても羨ましくて、なんだか急にぽつんと、寂しい気持ちになったのです。
音楽家って孤独なのかな…?
特に指揮者や作曲家って。

まるで家に帰りたくないかのように毎日飲む人、お酒が純粋に好きで必ず飲んでから帰る人、なんだか気持ちが少しわかる気がして。
なんだか、飲み歩き、を定番化したいと思う今日この頃なのでした。

ところで、「I君」と待ち合わせしたのは新宿紀伊国屋。
その路上販売で「サンダーバード2号」の巨大なフィギュアがデモンストレーションをやっていました。
リモコンでコンテナが上下(実際には機体が上下)するギミックがカッコいい!
欲しい!
いや、今買う!

で、値段を聞いたら15万円(25万円だったかも)!!
金額もそうですが、いわゆる毎号を買い続けて最後に完成する、という“アレ”だったことが判明し、心はポッキリ折れたのでした。

|

« サンダーバード、それから | トップページ | ある雨降りの午後、或いはオンディーヌII »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード、追記:

« サンダーバード、それから | トップページ | ある雨降りの午後、或いはオンディーヌII »