« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

作曲者からのちょっとしたおまけ

ある英雄の記憶 「虹の国と氷の国」より

某音楽大学から簡単な解説を、と言われたので、少しだけ書きました。
あくまで、思いついた少しだけの提言…
詳しいアナリーゼはいずれまた(*^_^*)

ちなみに欧題の「The legendary tale of a brave heart」はアメリカ暮らしの長かったオペラ歌手塚本伸彦さんが考えてくれました。ありがとう~!

 

◆演奏上のお願い
 
“指揮者”の目で見たアナリーゼはまたの機会にしましょう。
 
“作曲者”としては…
 
・冒頭の4小節目のメロディ(Cla.2,etc.)はCla.1に潜りがちなので、セッティングや音量バランスによっては人数の配分を考えた方が良いと思います。
 
・基本的に三連符と付点のリズム感は大げさに変化させた方がカッコ良いと思います。
 
・「B」からの主題。マルカートで演奏してください。もちろん短すぎず。四分音符と付点八分音符が全く同じ印象になるように演奏してほしいのです。
 
・「D」の一拍前、フェルマータや、一度指揮棒を止めてからのテンポとり直し(せ~の!ってやつ)は絶対やめてほしいです。Timp.が活きるように。
 
・主部はとにかくドライブが滞らないように演奏してほしいです。伴奏が3連符と4分音符でドライブ感が変わりがちなのです。
 
・「F」からは1小節単位で音楽が切れないように長いフレーズで演奏してほしいです。メロディも伴奏も。Hrn.が切れ切れなのは、ドライブを損なわない中に音の揺らぎが欲しかったから、です。和音の変化(のスパンや方向)にも音楽を感じてほしいです。
 
・「G」の前のHrn.Trp.は可能な限りcresc.を持続してもらいたいです。粘って。
 
・「I」の前のフェルマータは低音以外dim.せずに断ち切ってほしいと思って書きました。低音は「fp」に近いぐらい音量を落として、「I」の頭はすごく長く演奏すると効果的です。断ち切る音の後でも音楽が連続しているようにしたかったためです。まあ、いろんな演奏があってよいので違う方法論で場面転換してもかまいませんが…
 
・中間部の「I」は和音を解析してそれに沿って音楽を作ればOKだと思います。と言っても少ない和音の連続です。和音そのものが持つテンションの高さで音楽を構築し、今の和音から次の和音のテンションの高さにどうつなぐかで流れが決定します。つまり方法論は通常の音楽と同じ、です。どのくらいの加減でやるか、と言うことですよね。
 
・「K」の前は演劇的センスで演奏してほしいです。どこの拍までストレットをかけるのか、どこで力を抜き始めるのか。その位置によって、Cla.1が大きめに入ってdim.するのか、徐々に聴こえてくるようにcresc.するのか、が決まります。あ、逆から決めてもいいですね。
 
・「L」の前のTrp.はベルトーンで書きました。ベルトーンを強調しても面白いのですが、オルガンの様にかぶさっていっても面白いようです(そちらの演奏によく出会います)
 
・「L」の前1拍は「D」と同じくテンポのとり直しはカッコ悪い…。自信がない人は次善の策として3拍目の三連符を振り分けてはいかがでしょう。
 
・「M」に増えているオブリガードは短いスパンのcresc.を各パートが繰り返してほしくてブレスをずらしました。
 
・「N」の2小節前は音量が「f」に増大しています。先ほどとバランスを変えてみるのも面白いかな?と思える演奏にも出会いました(Trb.を聞かせる、とか)
 
・「O」は当然ストレットもかかります。そのアゴーギクを吐き出すために「P」の2小節前がMeno mossoになるのは当然構いません。ストレットなしにやると気持ち悪い(ダサい)ことになりますから注意。
 
・「P」のフルートは無理せずとも聴こえます。しかし作曲者としては「P」に入ったら全体の音量をかなり落としてもらいたいです。なんとしても7小節目のHrn.が聴きたいのです。9小節目からが本当の「f」。7小節目のTrb.Eup.T.Sax.A.Cla.は「fp」にするといいでしょうね。
 
・「P9小節目からのCla.はオーケストラのヴァイオリンのように感じる必要はありません。オケのtutti中のCla.だと思って演奏してください。ヴォリュームで他声部と張り合うつもりで書いたのではありません。
 
・「R」のテンポは変わらずに最後まで行くように書きました。しかし、「メトロノーム数字も書いてないし、ancoraと書いてあるわけだし、冒頭と同じテンポでやろう!」という解釈が数十団体に一つぐらいあってもいいんじゃないかな?中学生とか高校生とかで。と思ってあえて数字を書きませんでした。(余談ですが録音の際、秋山先生は遅いテンポで演奏しました。デフォルトは速い方なのです、と前述のお話をしたところ、「じゃあ、僕は中学生レヴェルってことだねぇ、友君~」とからかわれましたが…)
 
・ラストの4分音符はもちろん自由な解釈で構わないのですが、作曲者としては長目をイメージしました。

 

 

 

・「soar!」は空高く駆け上がるように!、「Malinconia」はメランコリックに(哀愁を帯びて)、「Eroicamente」は英雄の様に、と言ったような意味です。「en dehor」は目立つように、と言った意味でよく使われる仏語です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

光と影

嬉しいこと、喜ばしいこと、これらはみんな「光」だ

楽しいことも、気持ちいいことも

「光」が強ければ強いほど、
「影」もその深さを増す気がする

「溺れちゃいけない」

そう思っていても、「光」も「影」も僕を揺さぶる

すごく悲しくて、恐ろしい

だから、

だけど、

今いる自分の場所から、

偽らず隠さず、

まっすぐ、

まっすぐ進むんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お礼

オオサカシオンとの演奏会、いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

こんなに反響あるものなの!?と驚くぐらい感想等頂いています。
この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました(*^_^*)

チケットもほぼ完売、ホールもほぼ満席、嬉しい限りです。
「たなばた」作曲者の酒井格さんとの久々の邂逅も楽しく、話も尽きず…
つぎの逢瀬を楽しみにしています。

僕のところに届いた感想をいくつか紹介させていただくと…

「ただ上手な演奏の集合体ではなく、一人一人が音楽している感じでした」
「自分たちが演奏したスウェアリンジェンがあんなにカラフルな曲だと思いませんでした。あんな演奏私もしてみたい!」
「たなばた、本当に風景が見えるようでした。高校時代の夏を思い出しました。後半走り出した後に突然目の前に星空がワァ~っと広がって号泣しちゃいました」
「課題曲びっくりでした。全然違う!私たちがどんなに練習して上手になってもあんな風に演奏できる気がしません…何が違うんですか?」
「ユーフォニアムの美しい音に惚れ惚れ!」
「ライオン・キングの冒頭、トランペットがあんな風に登場して…つい大きな声を出しちゃったのは私と娘です(汗)さすがシオン!!他では絶対まねできない!」
「ライオン・キング、ホンモノでした!」

などなど…
他にもいろいろ面白い感想頂きました。
オオサカシオンの底力、奥行きの広さを存分に感じました。
しつこいリハに付き合ってくれて、ホントどうもありがとうございます!

ホールも素晴らしい。
館長さんも素敵な方でした。
「思っていたのと違い、しゃべりが最高でした!」
嬉しいけれど、あんまり褒められていない気が…(^_^;)

幸せな出会いもありました。
特に、
奈良県吹奏楽連盟理事長の福島秀行さん。
同い年の彼とは響き合うものを抑えられない!
楽しい!
アツい!

演奏会の成功は、良い演奏はもちろんのこと、良いスタッフ、良い聴衆、すべてが響き合ってこそのもの。
それを育て、作り上げるのも僕らの仕事だと思うのです。
福島さんのなさっていることはまさにそれそのもの。
昨日の演奏会の成功のカギは間違いなく彼でした。
(僕としては彼とのトークが楽しく、司会としてもコンビでいけるのでは?なんて思ってしまいましたが(*^_^*))

またこんな演奏、スタッフ、オーディエンスに巡り合えますように。

そして、きちんとお礼は言えなかったけれど、あなたに本当に助けられました。
心から、ありがとう(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

ある英雄の記憶、初演?

オオサカシオン奈良公演、無事に終了です。

今回、トークも含め盛りだくさん。
素敵な出会いもたくさんありました。
濃いお願いもたくさんしましたが、オオサカシオンはやはり最高です。
素敵な音を奏でてくれました。
 
久々に再会した酒井格さんの前で演奏した、「若草山のファンファーレ」と「たなばた」
たなばたに関しては長年の疑問も晴れ、いろいろヒミツ情報も聞けて得した気分(^_^)
 
昨晩のワインはとっても美味しかった。
けれどオオサカの味を今回もあまり堪能できず・・・
次回こそ喰い倒れてみたいなぁ。
 
「ある英雄の記憶」は僕にとって初演。
聴いた人は得したと思う!
あんな演奏はコンクールでは絶対聴けやしない!!
 
今回はなんと「ライオン・キング」も演奏。
森田さんのアレンジはけして悪くはないんだけれど、やっぱり普通じゃつまらない!
これまた聴いた人は絶対得したと思う。
出だしのTrp.(Hさん)の一発で、会場からざわめきが!
実に衝撃的なセンセーショナルな演奏でした。
 
後で聴いたらたなばたでもライオンでも泣いていた人多数、というからこれも嬉しい話。
そういえば終演後に嬉しい訪問が!
ライオン・キング大阪公演のパーカッショニスト、Nさん!
今度はぜひご一緒に!
新大阪まで送ってもらって新幹線に飛び乗りましたが、なんとも寂しい喪失感。
 
奈良の空は、斑鳩の、飛鳥の、空は、
どこまでも高くて広くて美しくて、
美しい夕焼けに染まる空をみながら、
自分がちっぽけな自分、だけど確かに自分自身であることを感じたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

オオサカシオンと行く、古の都への旅

宣伝するならもっと早くに、しっかりやるべきなのですが…
いつも遅い…

今週日曜日21日、奈良の大和高田「さざんかホール」での演奏会です。
オオサカシオンの皆さんとは約二か月ぶりの再開。

最近百人一首に凝っている僕としては憧れの古の都。
どんな素敵な演奏が待っているのでしょう?

ぜひ、お近くの方、来てください!
おまけしますから!
と言うか僕の自腹でご招待しますからご連絡ください(^_^)
来て~!

来週の予定がちょっと変わったので、
月曜日は午前中だけ、「奈良の都の歌巡り」
…できるかな…(*^_^*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

重力波!!!!

重力波観測!?

本当に?

本当だとしたら大変なことだ!

理論物理、量子力学、素粒子論、夢の大統一理論への足掛かりになるのか?

というか、次の時空、次元の扉が開く。

光はどうなるのか…?

大変なことになった!

この報道が本当なら…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

恥ずかしいミス、或いは、ある英雄の記憶③

先日、
「この曲ってソナタ形式ですか?」
と問われて、
「いや、ただの二部形式だよ」
と答えたような気がします…

三部形式でしょ!
恥ずかしい!
書いた本人が何を言ってるんでしょう?

簡単な三部形式です。
まあ、複合三部形式だけど、そんな大げさな曲でもありません。

序奏⇒主部(A)⇒中間部(B)⇒主部(A')⇒終結部
もう少し詳しく書くと、

序奏
主部(Theme1→Theme2→Theme1)
中間部(Theme3→Theme4→Theme3)
主部(Theme1→Theme2→Theme1)
終結部(Theme1+Theme3→後奏)

って感じですね。

序奏はファンファーレの後、Theme1の変形。苦悩、苦難。
振り切るように主部に。

Theme1は葛藤、苦難、に抗う心。それでも前へ進む。
Theme2は想い、願い、誓いの歌。しかしスピードは変わらず、頬は肩は脚は風を切り進む。
弱気な心を打ち消すように、もう一度Theme3
カオス(混沌)の中から中間部へ。

中間部Theme3は愛、慈しみ、救い、安寧。
Theme4は束の間の幻影、平和。
Theme3に戻る。孤独、仲間、逡巡、
そして冒頭のファンファーレ、旅立ち。

再びTheme1、
Theme2で気付く。一人ではない、と。
Theme1、デジャブではない。思い込みでは届かない。確かに戦いは核心に向かっている。

強さ、重さを増したカオスの向こうに光が差す。
走り出す、空へと駆け上がる。
Theme3とTheme1の変形、Theme2の音形も見える。
皆そこにいる。
希望は確信に変わる。

英雄の真っ直ぐな視線は未来を見据える。
喜びの光は煌めき少年は英雄になる。

その① http://you-conductor.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-f41b.html

その② http://you-conductor.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-f345.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空エール

「青空エール」
吹部の女の子と野球部の男の子の青春ストーリー。

今まで読んだことなかったのですが、今回映画化されるそうです。
今度その録音の指揮をします。

曲とか誰の演奏かとかはまだオフレコなんだろうなぁ…一応
無理やりスケジューリングしたので大変そう。
話しが急なんだよなぁ…

で、読んでおきたい、と全巻大人買いをしたのです。
と言うか、口実が出来て堂々と買えてうれしい(^-^)

お話は吹奏楽強豪校の吹部(吹奏楽部)に初心者で入部した女の子を主人公にした青春ラブストーリー。
一目惚れ(?)した野球部の同級生に心を寄せつつ、悩みながら苦しみながらも乗り越え成長していく、王道青春篇。

それにしてもリアル。
特に、部活内の人間関係のこじれや葛藤が。
主人公は、ポジティブに体当たりで真正面からぶつかっていく。

そんな風になれたらいいよなぁ…
羨ましいなぁ…なんて、この年になっても思うのです。
すべてがこんなにうまくいくとは限らないけれど、それでも僕もそんな風に全力でやっているつもり。
いろいろ苦しいこともあるんだよなぁ…

僕は吹奏楽コンクールにこんなに一生懸命になれる環境には、学生時代にも指揮者になってからもないんだけれど、一度ぐらい全力でやってみたいなぁ…なんて思う今日この頃。
今なら環境さえ整っているならば3年以内に全国大会に連れていける自信がある。
要は良い練習のできる環境を整えるのも(が?)部活運営の基本でありキモなんでしょう。
それで成績のこせなきゃ指導者の所為。

ともあれ、一生懸命に頑張れるのってやっぱりいいなぁ…
今年も全国で汗と涙にまみれて頑張ってるんだろうなぁ。

僕は僕の青春を全力で駆け抜けることにいたしましょう。

映画は今年の夏、土屋大鳳、竹内真涼、葉山奨之らの出演で公開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

魔女の宅急便②

ジブリ作品の「魔女の宅急便」も大好き。
何回見たかわからない。

だが、実は原作本は何巻目かをちょっと飛ばし読みしたことがあるだけ。
だからじっくり読みたかったのです。

アニメや実写と活字、或いは漫画等とはやはり違いがあって、幻滅することも多々あります。
でも、この魔女の宅急便の世界観は、「アニメも原作もほとんど同じ」、と1巻を読んで僕は感じました。

とは言え、挿絵のお父さんはひげが生えてたり、キキやお母さんの風貌がアニメとはずいぶん違うのです。
オソノさんや旦那さんも。
それに登場人物の性格もちょっとずつ違います。
でも読み進むうちに、やがてアニメとはまた違った、けれど何かがきちんとリンクしたままで自分の中のキャラクターが動き出します。

ああ、つまりはこれはアナザーワールド。
でも違和感ではなく、新たな物語へのワクワクの方が勝っています。
作者は角野栄子さん。
ちょっと見え隠れする、「昭和」な語調も、この世界観の中でなんだか懐かしく、新鮮に思えます。
巻が進むうちに途中で挿絵の作家も交代するようですが、きっと受け入れられる気がします。

アニメよりもとっても情報の少ないのが活字の世界。
子供向けに書かれた本なので、活字も大きく、文章も簡潔で短く、まるで詩のようです。
だから、どんな風に笑ったのか、どんな風に泣いたのか、細部は自分で想像するのです。
今の自分は、子供の頃よりももっとたくさんいろんなものを見てきたから、その想像の世界はもっと大きくなっているはず。
子供の頃は子供の頃で、小さいながらもきっともっと自由に想像の翼を広げていろんな本を読んでいたんでしょう。
大人になって情報は増えたけれど、それによって実は自由な発想が硬く小さくならないように気を付けて生きていきたいなぁ。

僕の口癖でもあるけれど、想像力は創造力。
楽譜や活字から活き活きとした、生きた今を創りだすのが僕らの仕事。
アニメや映画や漫画もいいけれど、それは他人の目で見た世界。
ものの見方、見え方の一つの角度であって、それはそれ。
それによって自分の自由な発想が消えてしまってはつまらない、と思うのです。
(まぁ、アニメ・マンガ・映画だって描かれていない、瞬間・情景・心情などを想像するのですから全く違うわけではなく、程度のお話、ですが)

だから僕は基本的には「参考音源」なるものは聴きません。
それは僕らの世界では「レコベン」といって忌み嫌われるものでも(以前は)ありました。

さて、物語はアニメとほぼ同じ時間軸でお話が進んでいきます。
世界観は変わらない(と僕は思う)ものの、登場人物やエピソードはちょっとずつ違います。
概して、アニメの方が近代的、そして現実的です。
ファンタジーの世界に日常を見せて観ている人を引き付けるのは、さすがジブリのうまいところ。
そして原作の中で語られるキキやいろんな人々の心情表現を「一つの解釈」として実際の絵で描いています。

原作のキキとアニメではちょっと描かれている面が違います。
それが、より生身に近く見えたり、逆に非現実感が強く見えたりもします。
だから人によっては「原作の方が現実的」と思える人もいるかもしれません。
でもやっぱり、アニメの方がより限定的なのです(もちろん良い悪いの話ではなく)

この本は児童文学、とは言え、アニメを見た人も見ていない人も、大人でも楽しめるお話です。
恥ずかしながら電車の中で読み進めるうちに、何度も泣いてしまいました。

これからキキは、どんな人と出会い、どんな事件に遭遇し、どんな風に成長していくのでしょう。
すごく楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔女の宅急便①

魔女の宅急便、届きました。

流石アマゾン、仕事が速い。
でも楽譜は遅い…

今日は電車なので、もしかしたら読むチャンスがあるかも、と思ってバッグに1巻だけ入れて外出。

取材と打ち合わせの後、呑んでいたら終電に…
最近の終電は空いているんだなぁ…
ふつうに座れたのです。

周りは皆、スマホスマホ、またスマホ。
元来長いものに巻かれたくない性格。
特に用事がないのに、あたかも付和雷同的に携帯をいじりたくない。
かといってハードカバーの本を開くのも少々気が引ける…
まあ、絶賛読み込み中のスコアでも…と思ったら、隣の人の漏れ音が…

普段、集中すると雑音はまったく気にならない。
というか、狙った音だけを聞くことが出来るのも特技。
ところが、聴こえてくるのははやり曲ではなく、なぜかラプソディ・イン・ブルー
それも個性的…というかすごくヘタッピでおかしな挙動。
それをエンドレスで聴いているもんだから流石に耳がそっちに行っちゃって。

そこで耳栓を取り出し着用。
耳の保護のため持ち歩いています。
皆さんも新幹線、飛行機、高速道路等で、運転の危険などがない時は耳を保護した方が良いですよ。
大学教授によると、一度低下した聴力はなかなか取り戻しにくいし、内外の有毛細胞は再生不可の消耗品だそうですから。
(とは言いつつ、いつもマメにやっているわけではない。のど元過ぎれば…ってやつですね)

かくして自分の世界に没入した僕は周りを気にせずオレンジのハードカバーを開いたのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

今日の衝動買い、魔女の宅急便

DvorakとかLiadovとかZemrinskyとかLutoslawskyとかDutilleuxとかPoulencとか…、買いそびれていた楽譜をどんどん買っていたらスイッチが入っちゃって…

誰に貸したかわからなくなっちゃったDVD(スター・ウォーズとか…)買っちゃったり、気になっていた漫画大人買いしちゃったり…

で、ようやく買った「魔女の宅急便」全巻セット

何巻目だかを福島の図書館で読み、いつか全巻、と思っていてとうとう購入。

やっぱりハードカバーでしょう。

結構なお値段だけれど、第九のファクシミリ版よりはお安いから…

沖縄のあのホテルか、修善寺のあの旅館か、箱根のあのホテルに宿をとって、すべてを忘れて活字に溺れたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

ある雨降りの午後、或いはオンディーヌII

今日は冷たい雨の降る2月最初の日

窓をつたう雨の軌跡を見ながら例によって紅茶をすする

僕は本来作曲は本業ではないので、依頼されたりしても、自分の書きたい時にだけ書きたいものを書く
まあ、依頼されることもそんなに多くはないのだけれど

昨年「オンディーヌ」と言う曲を書いた
自分でもちょっとお気に入りで、他の精霊「風のシルフィード」「火のサラマンデール」「大地のグノメ」と合わせて四精霊としていつか作曲したいなぁ…と思っていた

ある楽団で「オンディーヌ」を演奏してくれることになり、他の3曲も同時に作曲!と喜んでいたのだが、どうやら楽譜がなかなかできないのは困るらしく…
話しの流れであと1曲「火のサラマンデール」だけ書くことになりそうだった

しかし、やはり他の曲とも鑑み、「サラマンデール」もやらず、代わりに僕の別の曲を1曲やることになった
「水のオンディーヌ」だけでもできれば、それはそれで嬉しいなぁ…と思っていたら「オンディーヌ」もやらないことになってしまった…
1曲だけでは(4曲揃わなければ)面白くない、ということもあり、他の曲もやりたい、ということもあり。
…まぁ、仕方ない…話の流れは理解できるので文句はない

というワケで創り始めていた「サラマンデール」は残念ながらお蔵入り
ほかにもやらなきゃいけないこといっぱいあるんだから、そちらをすすめなさい!
との思し召しなのでしょう。

ところが…

雨の粒を見ていたら、自分の中の水の精が動き出してしまった…
ルサルカが、ウンディーヌが、アリエルが、ローレライが、セイレーンが

書き始めてしまったら…止まらない…
「オンディーヌII」の姿が露わになっていく

・・・でもね、
わかっています、優先順位は。

なので、
僕の中に生まれた、人の目に触れることのない「オンディーヌII」は

雨が降った日にだけ続きを書くことにします(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »