« 魔女の宅急便① | トップページ | 青空エール »

2016年2月 5日 (金)

魔女の宅急便②

ジブリ作品の「魔女の宅急便」も大好き。
何回見たかわからない。

だが、実は原作本は何巻目かをちょっと飛ばし読みしたことがあるだけ。
だからじっくり読みたかったのです。

アニメや実写と活字、或いは漫画等とはやはり違いがあって、幻滅することも多々あります。
でも、この魔女の宅急便の世界観は、「アニメも原作もほとんど同じ」、と1巻を読んで僕は感じました。

とは言え、挿絵のお父さんはひげが生えてたり、キキやお母さんの風貌がアニメとはずいぶん違うのです。
オソノさんや旦那さんも。
それに登場人物の性格もちょっとずつ違います。
でも読み進むうちに、やがてアニメとはまた違った、けれど何かがきちんとリンクしたままで自分の中のキャラクターが動き出します。

ああ、つまりはこれはアナザーワールド。
でも違和感ではなく、新たな物語へのワクワクの方が勝っています。
作者は角野栄子さん。
ちょっと見え隠れする、「昭和」な語調も、この世界観の中でなんだか懐かしく、新鮮に思えます。
巻が進むうちに途中で挿絵の作家も交代するようですが、きっと受け入れられる気がします。

アニメよりもとっても情報の少ないのが活字の世界。
子供向けに書かれた本なので、活字も大きく、文章も簡潔で短く、まるで詩のようです。
だから、どんな風に笑ったのか、どんな風に泣いたのか、細部は自分で想像するのです。
今の自分は、子供の頃よりももっとたくさんいろんなものを見てきたから、その想像の世界はもっと大きくなっているはず。
子供の頃は子供の頃で、小さいながらもきっともっと自由に想像の翼を広げていろんな本を読んでいたんでしょう。
大人になって情報は増えたけれど、それによって実は自由な発想が硬く小さくならないように気を付けて生きていきたいなぁ。

僕の口癖でもあるけれど、想像力は創造力。
楽譜や活字から活き活きとした、生きた今を創りだすのが僕らの仕事。
アニメや映画や漫画もいいけれど、それは他人の目で見た世界。
ものの見方、見え方の一つの角度であって、それはそれ。
それによって自分の自由な発想が消えてしまってはつまらない、と思うのです。
(まぁ、アニメ・マンガ・映画だって描かれていない、瞬間・情景・心情などを想像するのですから全く違うわけではなく、程度のお話、ですが)

だから僕は基本的には「参考音源」なるものは聴きません。
それは僕らの世界では「レコベン」といって忌み嫌われるものでも(以前は)ありました。

さて、物語はアニメとほぼ同じ時間軸でお話が進んでいきます。
世界観は変わらない(と僕は思う)ものの、登場人物やエピソードはちょっとずつ違います。
概して、アニメの方が近代的、そして現実的です。
ファンタジーの世界に日常を見せて観ている人を引き付けるのは、さすがジブリのうまいところ。
そして原作の中で語られるキキやいろんな人々の心情表現を「一つの解釈」として実際の絵で描いています。

原作のキキとアニメではちょっと描かれている面が違います。
それが、より生身に近く見えたり、逆に非現実感が強く見えたりもします。
だから人によっては「原作の方が現実的」と思える人もいるかもしれません。
でもやっぱり、アニメの方がより限定的なのです(もちろん良い悪いの話ではなく)

この本は児童文学、とは言え、アニメを見た人も見ていない人も、大人でも楽しめるお話です。
恥ずかしながら電車の中で読み進めるうちに、何度も泣いてしまいました。

これからキキは、どんな人と出会い、どんな事件に遭遇し、どんな風に成長していくのでしょう。
すごく楽しみです。

|

« 魔女の宅急便① | トップページ | 青空エール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

むしろ私は原作を読んで映画を観てがっかりすることが多いので、最近は原作を読んだ映画は観ないようにしていたり、逆に映画化された原作を探してそれを読んでおしまいにしちゃったりしています。
「魔女の宅急便」、面白そうですね。読んでみようかな。
そういえば「神々の山嶺」も映画化されましたね!

投稿: | 2016年2月 6日 (土) 08時34分

懐かしい映画です。
いろいろな捉え方できるのも、いろいろな考え方あってですものね。
先生は最近、感じられることが多くて幸せそうですね!

投稿: さや | 2016年2月 8日 (月) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の宅急便②:

« 魔女の宅急便① | トップページ | 青空エール »