« ancora eroicamente | トップページ | 前々夜 »

2016年4月28日 (木)

風を描く

福島駅に思ったより早く到着した。
GWの混雑を恐れて早めに行動したが、肩透かしを食ったようにすべてはスムーズに進行。
読みたかった楽譜も読めた。
せっかくなのでリニューアルした福島県立美術館へ。
 
ここの年間パスポートはなんと3000円!
企画展も常設展も見放題。
今日はネーデルランドの絵画たちが中心の企画展。
レンブラントにフェルメール、etc...
 
ロシアのサンクトペテルブルクに滞在した際、様々な国の指揮者たちと連れだってエルミタージュ国立美術館へ行った。
ゆっくり見ているととても一日では回りきれない。
約一月の滞在中4、5回訪れた。
 
レンブラントに全然詳しいわけではないしそれほど興味もなかったのだが、あれだけ大量のレンブラントを見るとお気に入りもいくつか見つかる。
僕が好きなのは、染まる空と風の描写。
 
絵画でも版画でも漫画でも、風を上手く描く人に憧れる。
 
暑い夏の日に、太陽に縫い止められて止まった時間と空気。
そこに吹く風と近づく夕暮れ。
 
ワイエスの描いた「そよかぜ」
「動いている時間」を「風を止めることなくそこに写しとる」
写真のそれとはちょっと違う。
上手く説明できないのがもどかしいけれど。
 
音楽でも風を描く人がいる。
 
僕も風を描きたい。
刹那の時間を永遠に描き止めたい。
体現する指揮者としても。
具現化する作曲者としても。
 
表現への憧れと探求は、
100年じゃ足りないのかもしれない・・・

|

« ancora eroicamente | トップページ | 前々夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風を描く:

« ancora eroicamente | トップページ | 前々夜 »