« 新年のご挨拶 | トップページ | 歌、唄、詩 »

2018年5月14日 (月)

山に焦がれて...

茅ヶ崎交響楽団の定期演奏会が終了した。
オケとしては初めての2回公演だったという。
結論からいうと、とってもよい演奏会だった。

多くの指揮者はいつも考えている。
「オケをそつなくまとめなんとか本番をこなし、個性は無いが嫌われもしない」
...その方が気は楽。次の仕事につながるかもしれない。
でもそれでは進化はない。
「言うことは言う、やることはやる」
今は辛くてもその先にある山の頂を目指して。

成果はまずベートーヴェンに現れた。
なんて意味のある演奏だろう。
他の曲も、全部本気だった。
全力だった。

演奏会の成否は聴衆にもかかってる。
昨日のお客さまは暖かかった。
昨日のお客さまなしで昨日の演奏はなかったのだ。
声出しちゃった小さな子も、きっと意味があったのだと思う(いつも大声出して良いワケではないよ(^_-)

コンサート含め本番と言うものは、山に登るのに似ている。
晴々しい山の嶺きの景色(華やかなステージ)

そこに何があるのか。
心震わすもの。
高い山や有名な山に登れば届くものなのか。
人より速く、高く登れば得られるものなのか。
嶺きに届かぬ登山に意味はないのか。
登れぬ者に価値はないのか。
...もちろんそうではない。

苦労して登る(リハーサル、準備を重ねる)
自分の足で、時間を使って。
歯をくいしばってよじ登り、そこに人の心と愛、自然の美しさと厳しさ、を知る。
喉を潤す水に、力をくれる食べ物に、活力をくれる休息と睡眠に、本当の意味と喜びを思い知る。
それは、自分の力で登ってこそのもの。

まぁ、それはそれとして。

本当の山に登りたい。
青い空、白い雲
木々の緑、湖の碧
大地の茶色に岩肌の灰色
夜の漆黒、星の灯り、雪の虹色、夕焼けの茜色、朝焼けの紫
風に匂いがあること、空気に味があること
必要の意味

スキーでも味わえる。
山ゴルフでも疑似体験できる。

でも、やっぱり、
自分の足で。

そんな夢を見つつ、
今日もリハーサルを重ね、
屋上でコンロで米を煮る。

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 歌、唄、詩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506667/66718477

この記事へのトラックバック一覧です: 山に焦がれて...:

« 新年のご挨拶 | トップページ | 歌、唄、詩 »