趣味

2016年1月 9日 (土)

ちはやふる

ちはやふる

以前から気になっていたコミックだが、なぜか読むのをためらっていた。
それは、この札が僕の十八番札だから、なのかもしれない。

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川

からくれなゐに 水くくるとは

「千早」は吉原の花魁。
その千早に一目惚れした、人気大関の「竜田川」は告白するも振られる。
そこで妹分の「神代」に告るもやはり振られ、ショックで相撲を廃業した竜田川は、家業の豆腐屋を継ぐ。
そこにみすぼらしい女が、おからでもいいから恵んでくれ、とやってくる。
その女こそ、在りし日の千早太夫であった。
竜田川が悪し様に断ると千早はわが身を嘆いて井戸に入水する。
最後の「とは」とは千早の本名「とわ」のことであった。

というのは、この歌を基にした落語のあらすじ。
でも、この落語を知ったのはこの歌自体を知ってから、ずいぶん経った頃。

このエッセイ(ブログ)でも幾度も語っているが…
僕の祖母は北鎌倉女子高校で古文の教師をしていた。
人望厚く、顔も広かったため、鎌倉の自宅にはずいぶん有名人も訪ねて来ていた。
ちなみに祖父は軍人だったが、やはり名前の知られた人で、様々な小説やドラマ、映画、ことに山崎豊子の小説などにも登場する。

そのおばあちゃんは、初孫であった僕をいつも応援してくれた。
おばあちゃんだけが僕の行く道に反対しなかった。
明治の人でありながら、自由な考え方の持ち主で、当時としてはかなりハイカラな女性だったおばあちゃんは、僕が思うに“旅の達人”でもあった。

「人生は旅である。旅の目的は目的地に早く着くことではない。旅そのものが目的なのだから。だからお前は焦ることなく自分を信じなさい。少しでも時間があるなら、高速道路を降り、鈍行に乗り、寄り道をしなさい。そこで出会ったものすべてがお前を助けるだろう。誰かがきっとお前を見ていてくれるから」

そんな祖母の言葉が今も僕を支えてくれる。

晩年、たばことマージャンも大いに続け、そして百人一首は僕や母が束になっても全くかなわなかった。
(ちなみに、僕は母にもいまだにかなわない…)

その祖母が僕にはじめに教えてくれたのがこの、「ちはやぶる…」の歌だった。
子供たちは大体、「きりぎりす…」とか「…乙女の姿…」とかから覚え始めるのだが、祖母が教えてくれたこの歌が僕はとりわけ好きだった。
鎌倉山の四季は、本当に色彩々で、ほんの少しの季節の移ろいの色合い、音、匂い、すべてが僕の五感に染みついている。
きっと、今より数十年前の方がその色合いは強かったに違いない。

思うに、
これは、きっと恋の歌。

漫画「ちはやふる」を、一気に読んだ。
白黒のページに、色が踊っている。
かるたを始めた時の、あのどきどきとワクワクが、真空パックの様に新鮮に。
あの頃の鎌倉山の風の匂いまで甦ってくるようだ。

何を隠そう、中学校の頃、部活動は野球部に所属し(3年時には吹奏楽も)、クラブ活動(授業の一環)では3年間かるたクラブに入っていた。
このエッセイ(ブログ)でも百人一首の話は何度も登場する。
あんなに一生懸命憶えた歌たちを、今でも覚えているだろうか…

(天津風…  http://you-conductor.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-52a4.html )
(文知摺観音… http://you-conductor.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_a631.html )
etc...

そう言えば、今年はまだ母と百人一首対決をしていなかった。
対戦を申し出てみよう。
下準備を整えたうえで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

ウンウントリウム、或いは原子番号113

2015年も押し詰まった12月31日、驚くべきニュースが飛び込んだ。
原子番号113の元素「ウンウントリウム」の命名権が認められた!と言うのだ。

原子番号1の水素原子。
水素原子には1個の陽子がある。

原子番号2のヘリウムには陽子が2個に中性子が2個。

原子は、基本的には原子番号の数字の数の「陽子」があり、「中性子」と共に「原子核」を形成し、その周りを「電子」が回っている。

ウラン(ウラニウム)の原子番号は92
放射性元素の代表格。
一般に放射性元素は放射線を放出しながら崩壊し、他の物質へと変化する。
物質によっては幾度もの崩壊を繰り返し、より安定な物質へと移行する。

原子番号92のウランより数字の大きい、つまり重い元素は放射線を出して核種を変化させる。
そしてそれらの時間(期間)は地球の今までの年齢よりも短い。
と言うことは、当然自然界には存在しない、となる。
(ちなみに、テクネチウム、プロメチウムらのいくつかの放射性元素も、原子番号は92よりも小さいながら、半減期がどの同位体も短いため自然界には存在しない)
つまり、原子番号92より重い物質は、「人工的に作られた物質」なのである。

簡単に言えば、「原子番号92のウランを二つ合体させれば陽子が184個になり、原子番号184の未知の物質が出来上がる」、のだが、そんな簡単に事は運ばない。
苦労の末に様々な物理学者や科学者たちが実験を繰り返し、理論的に予想される物質の生成を試みた。
「サイクロトロン」のような陽子加速器の登場でその実験は大きく歩を進めることになるが、原子番号113の「ウンウントリウム」もそんな「新元素」のひとつ。

「どんどん大きな(重い)元素を作り出すとして、いったいいくつまで物質は作られるのだろう?」
原子番号が137よりも大きくなると、内部の電子のスピードが光速を超えてしまう。
だから原子番号137が物質の限界、と言うのが、かの「ファインマン」の説。
だが、原子番号173では電子殻がそれまでの形を維持できず、相変異が起きる可能性があること、或いは、電子軌道のエネルギー準位の変動が起きる可能性、など様々な可能性が議論され、その答えはまだ見えない。

ともあれ、IUPAC(国際純正・応用化学連合)の2015年12月31日の発表によって、日本の理研の「命名権」が認められた。
アジア初の快挙!で、「ジャポニウム」「リケニウム」など様々な名前が検討されているようだが、1908年に一度「ニッポニウム」と言う原子番号43の物質が命名されそうになったことがある。
この時は残念ながら、実験結果に誤りがあり違う物質だったために、違う名前が採用された。

「ウンウントリウム」と言う仮の名前に新しい、日本が命名した名称が付く。
これはもちろん嬉しいことだが、それによって一般の人が興味を持つ、と言うのは淡い期待のような気がする…

とかくこのような基礎科学の分野は風当たりが強い。
「新しい物質が出来たからって何が出来るの?」
「それでどんな商売ができるの?」
「宇宙の秘密を紐解いて、それが何になるの?」

ともあれ、この話題によって、とってもお金のかかるスーパーコンピューターや高速加速器などの高高度の最先端技術開発が、少しでも一般の人や政治家に理解してもらえたらなぁ、と一般人物理好きの僕は思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

冥王星

1930年にアメリカの天文学者トンボーが発見した、太陽系第9番目の惑星(当時)

以前小惑星「アポフィス」の地球衝突が話題になったときに少し書きましたが。
 
先日(7月14日)無人探査機「ニューホライズンズ」がとうとう冥王星にたどり着いたのです。
今は準惑星として惑星の仲間からははずされてしまった冥王星ですが、僕にとっては太陽系最果ての星として認識しています。
 
冥王(=プルート)とはギリシア神話のハーデス。
冥府、つまりはあの世の王。
放射性元素の「ウラン」の名は天王星(=ウラヌス)、「ネプツニウム」は海王星(=ネプチューン)、「プルトニウム」は冥王星(=プルート)からとられています。
 
ところで、太陽系には「エッジワース・カイパー・ベルト」と呼ばれる一帯があります。
海王星よりもさらに遠方に広がる小天体の総称。
冥王星はこの中に属する準惑星として、2006年に惑星の座から降格してしまいました。
火星と木星の間にある「アステロイドベルト」とはちょっと違い、太陽系創生以来ほとんど組成が変化していないといわれる地域。
いろいろ太陽系の秘密を解く手がかりも見つかりそう。
 
さて、冥王星って変わった星だなぁって子供の頃から思っていました。
時点の軸が90度お辞儀したように回っていたり、公転の軌道が歪んでいて海王星と入れ替わったり(おかげで準惑星になっちゃったわけですが...)
 
地球や火星では中心のに金属がどろどろに溶けたコアを持ち、その周りを岩石包み、周囲を薄い大気がおおっています。
木星や土星では岩石のコア周囲を水素等のガスが包んでいます。
海王星や天王星は岩石コアの回りに分厚い氷の層と水素の大気。
冥王星はコアの回りに氷の層で、大気なし。
でも、昔冥王星内部は熱を持っていた、と推測され、溶けた水が存在したといわれています。
その名残で表面には大きな亀裂がある?それともまだ水は存在する?もしかしたら有機物も存在する?或いは生物も??
今回の探査機の接近でその辺りのことがわかってくるかもしれません。
すでに富士山より高い氷の山嶺が確認されたようです。
ということは? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

シュレーディンガーの猫

簡単に言えば、物理学の、量子論のお話。

しかしまあ、哲学的な意味があるというわけで、僕が次に手がけるミュージカルにちょっとだけあらわれるお話。

誤解を恐れずに、ものすごく簡単に思考実験を解説すると…

小さな箱の中に猫がいる。
ふたがしてあって外からは見えない。
猫は一時間の間に1回だけ水を飲む。
水の入ったコップは2つあり、一つには致死量の毒が入っている。
さて、一時間後の猫の状態は「生きている」のか「死んでいる」のか。

というお話。
(本来は水ではなく、アルファ崩壊する放射性原子を用いて、量子学的確率論、シュレーディンガー方程式による二つの波動関数、つまりは量子確立と量子状態のパラドックスを解説しようとした。このマクロの視点とミクロの視点が無ければ本当は意味がないのですが…まあ、)

ヘンなお話、とお思いでしょうが、さて、猫ちゃんの状態を何と呼ぶ?
「死んでいる」?、「生きている」?

これは、ふたをあけて二つの波動関数の矛盾を解消するまでは、「その両方である」となるのです。
「生きている」と「死んでいる」が混じり合った状態。
つまり、「生きてもいるし、死んでもいる状態」ということ。
重なり合う波動関数。
それらが一つの観測結果に収束するのはいつなのか?

面白いのはコペンハーゲン解釈や多世界解釈の違いによる考察。
ミクロな世界とマクロな世界の境界、ヒトの意識の介入、等々…要因を経て収束(生きているか死んでいるかどちらか確定)する、というもの。
中でも「エヴェレット解釈(多世界解釈)」では、「収束はしない」とされているのです。
観測している我々人間の中にも、「死んだ猫を見ている人間」と「生きている猫を見ている人間」の量子的重ね合わせ状態が生まれる、というわけです。
つまり、見る人によっては「生きている状態」と「死んでいる状態」がそれぞれ真実(観測結果)として存在するのです。

ああ、物理って奥深く、面白いとは思いませんか?
でも、ミュージカルの中では「心の中に生ずる相反する(ように見える)二つの想い」についてのみ語られます。

「五代さんも好きだけれど三鷹さんも好き。50%同志の二人、ではなく二人とも100%なの」
「あなたの顔が好きだけど心が嫌い。打ち消し合って0(ゼロ)になるのではなく、そのどちらもなのよ」

・・・
こんな風に書くとちょっと薄っぺらくなってしまいますが…
ミュージカルではもう少し哲学的に語られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

物欲

何かとほしいものだらけの僕ですが・・・
去年は本当にいろんなものを買いました。
念願だったグランド・ピアノ、一眼レフデジカメ、プラズマテレビ、etc...

で、今日届いたのはこれ、
Top_m
BOSS MICRO BR

いったい何か、と言うとデジタルマルチトラックレコーダー(のちっちゃい奴)
で、どんなことが出来るか、と言うとこんなこと
「TEST01.MP3」をダウンロード

つまりは多重録音をする機械です。
以前はカセットテープ方式のを使っていました。
一人で4人ア・カペラとかトロンボーン4重奏とかフルート4重奏とかピアノ連弾4人分とか。
それが今ではデジタルで手のひらサイズで録音できるとは!

とりあえず面白がって一人ア・カペラを録音してみました。
上記のファイルがそうです。
ためしに聴いてみてもいいけど、「音程が?」とか「発音が?」とか言わないように!!
次は練習してきちんと録音するから!

まあ、仕事でのデモ録音には使えるかもしれません。

それにしても物欲とどまるところを知らず・・・
年末にはGT-Rと言う車を買いに行ってきました。
まあ、ちょっと高い車ではあるのですが衝動的に。
ディーラーの店長といろいろ話してるうちに盛り上がっちゃって、「では契約を」と言う段になり、「ローンで買いたい」と伝えたところ急に声のトーンが落ち、「あ、ローンですか・・・」と一言。
「担当のものに替わります」、と出てきたのは明らかに新人の社員。
「で、今日はどういったご用件で?」みたいなことを言われて、なんだか足元を見られたような感じがしてキャンセルして帰ってきちゃった・・・
まあ、衝動的に買わないで済んで正解。
やっぱり車はセリカが好き!
浮気しないでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)