ミュージカル

2018年1月22日 (月)

ナインテイルズ②

ミュージカル「ナインテイルズ」
昨日、大千穐楽を迎えました。
鳴りやまぬ拍手と、スタンディングオベーション。
間違いなく大成功でした。
 
昆夏美さん、小野田龍之介さん、J・キムさんらを主役に迎え、宮川彬良の音楽を田尾下哲が組み上げる。
振付の平山素子さんはじめ、スタッフも超が付く一流ぞろい、他の出演者のみんなも主役級の実力者ばかり。
僕もまあ、歌唱指導やら楽譜書いたり音楽の仕上がりを見たり、と参加したわけです。
 
この「ナインテイルズ」
彬良さんにとってももちろんそうですが、僕にとっても大変いわくつきの作品であります。
この作品、もともとは「ルビチ」という題でした。
ロシア語で「愛」を意味します。
 
約17年前のある日、彬良さんから楽譜を手伝ってほしい、と連絡がありました。
「ルビチ」と言うミュージカル作品を書くんだ、と。
僕と彬良さんは知り合ってまだ間もないころ。
僕の書く楽譜はおろか、僕の指揮も見たことなかったはずです。
なのになぜ、そんな大役を?
当時、僕も彬良さんも何と30代。
彬良さんの思い付きと決断には今でも驚かされますが、思えばこれが最初の驚きだったかも。
 
届いた楽譜には何の資料もありません。
それを、拙いピアノを弾きながら必死に解読をするのです。
これは…まるで異国から届いた手紙のようだな、と思ったのを覚えています。
実際、韓国語だったのですが。
ルビチの音楽の扉を開き、一歩中に進んでからはもう感動しっぱなし。
そうやって彬良さんからの音符の手紙を受け取り、そして僕も音符の手紙を彬良さんにしたためたわけです。
そしてそれからずっと友情は続いているのです。
 
諸々「オトナの事情」で「ルビチ」は上演が中止になってしまいました。
しかし、絶対間違いなく名作のこの作品。
いずれ世に出るだろうと思っていたらそこからが長かった。
まさに数奇な運命をたどった作品と言えます。
 
「ルビチ」の旅は、今まさにようやく船出をしたところ。
これからどんな展開が待っているのでしょうか?
 
初演の場所、豊橋で、彬良さんと二人で焼酎を飲みながらいろんな話をしました。
話しているうちに、この「ルビチ」≒「ナインテイルズ」との出会いの頃が思い出されてきました。
「友くんの譜面おぼえてる。とっても良かったよ。だから今でもこうして僕らは続いているんだね」
その言葉を聞いて、17年前の手紙の返事をもらえたような気がしていました。
あの頃思い描いた音とは、全く違うようでもあり、いや実はこれが思い描いていた音だったのかも?と思えたり。
不思議な感覚と、切ない思いを持ったまま、「ルビチ」は一旦終演といたしましょう。
またもう一度出会う日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナインテイルズ①

20180122_2
朝から雪が降っています… 
静かです…
まるで、時間が止まったよう…
昨日、ミュージカル「ナインテイルズ」、千穐楽を迎えました。
そのラストシーンを見ているようで、何とも言い難い気持ちです。
 
ミュージカル「ナインテイルズ」とは…
 
◆第一幕
『この世界では、九尾狐(クミホ)と呼ばれる狐は不死、或いは千年を生きる、と言われている。クミホたちは不死、とは言え、人間の肝(心臓)を食べていないと死んでしまう。また、致命傷の傷を負えば同様に命を失う…。
多くの年月を重ねるうちにクミホの尾は数を増やし、やがて九本の尾に到達したものは尊敬と共にリーダーとしての責を負う。
 
クミホたちは「愛」を信じない。
しかし、紅梅(ホンメ)と梅花(メイファ)の姉妹のうち、妹のメイファだけは「愛」に憧れを抱いている。
姉のホンメは頑なにそれを認めない。彼女がそこまで「愛」を憎むのはなぜなのだろうか…。
ある日メイファは木こりの河柳(ハユ)と運命的な出会いをし、恋に落ちる…
そして二人は、美しい月に愛を歌う。
 
人間の娘としてハユとメイファは結婚をした。
娘の松花(ソンファ)も産まれ、幸せな日々を送るハユの前に朝廷からの使者が現れる。
「王が重い病に伏せっている。王はクミホの肝をご所望である。クミホの捕獲に協力せよ」
と言う。
人間もまた、クミホの肝を食べることで命を永らえることが出来る、と言われているのだ。しかし、その真偽のほどは定かではない…
 
人間とクミホの戦いが始まる。しぶしぶ戦いに参加するハユだが、ついに九尾のクミホ、ホンメを弓の射程にとらえる。その矢を放った瞬間、ホンメをかばって矢を受けたのは、なんと狐の姿をしたメイファだった!
 
倒れるメイファは、「娘のソンファを頼む…あなたともっと一緒にいたかった…」、と手を伸ばすが、ハユは混乱と怖れからその手を取ることが出来ない。それを見たホンメは激昂する。
「愚かな人間ども!お前らが言うその愛とやらで、妹を生き返らせてみろ!」、と。
そして、ホンメは自らの心臓を取り出し、「苦しんで千年を生きるがいい!」、と叫んでハユに食べさせる。
 
ホンメの呪いによって、ハユは死のうにも死ねない不死の体になり、苦しみながら生き続けなければならなくなった。』
第二幕
『ハユは生き続けていた。
哀しみ、悔み、悶えながら、それでも業深く生き続けていた。
やがて尻尾は九本に分かれ、千年の時が過ぎようとしていた。
愚かな人間の欲と業と、愛別離苦の思いに身も心もちぎれんばかりに苦しみながら…
 
そんなある日、クミホたちの住む山を人間の一行が訪れる。嫁入りのために隣村に向かうのだと言う。ハユは目を疑う。そこにいるのは紛れもない、あのメイファの生まれ変わった姿。そしてホンメも。
 
彼女たちは人間として生まれ変わっていて、前世の記憶はないようだった。人間の姿で現れたハユとメイファは会話を交わすが、やはりハユのことは覚えていない。だが彼女は言う。「私、月が好きなんです」
 
計をめぐらし、人間たちを襲おうとするクミホたちをハユは押しとどめる。今夜はこのまま行かせよう、と。しかし、クミホたちはハユの制止をきかず人間たちを襲う。ハユは人間たちをかばって仲間であるクミホと闘うがホンメはクミホの一人によって致命傷を受ける。
 
駆け寄るメイファとハユ。そこでホンメは驚くべき告白をする。千年前の愛し合う二人と、千年の呪いをかけたクミホのことを。千年の時を経て、また出会った二人を見てホンメは悟る。これが愛の力、運命なのだと。そして懺悔の中絶命する。
雪が降り始めている。
 
メイファには何が何だかわからない。姉さんは何を言っているのか、目の前のハユと言う男は何者なのか。なぜ彼は狐の姿なのか…
ハユは歌い出す。
「あの月のどこかに 私たちによく似た 愛し合う恋人たち…」
思いもかけず、自分も歌うメイファ。
そこですべての記憶がよみがえる!
そしてとうとう抱き合う二人。千年の時を越えて、愛は再びよみがえったのだ。
 
突然遅いかかってくるクミホ。
致命傷を受けるハユ。
「これで良かったんだ。わたしは今しあわせなんだ…愛する人の腕の中で…」
絶命するハユ…
懇願するように叫び歌うメイファだったが、
「つぎの世で必ずまた巡り合い、そして今度こそ永遠に一緒にいましょう…」
と、冷たくなったハユの体に寄り添う。
 
雪は二人に降り注ぐ。
やがて、景色も二人の姿も真っ白な雪に覆われていく…』
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

銀河鉄道の夜…in大阪!!

ミュージカル「銀河鉄道の夜」
 
初演から8年の月日が流れました。
数奇な運命のこの曲…というか、再演の話が幾度となく上がり、しかし上演にこぎつけなかったことも数度…
 
CD化もされ、僕にとっても全曲書下ろしは初めてだったこともあり、それはそれは思い入れの強い作品です。
ミュージカルとしての公演の他、単独で曲が取り上げられたり、合唱で歌われたりもしているようです。
そして特筆すべきは、吹奏楽版の存在。
 
ナレーションと歌だけでもできるし、多少の演技を加えた形でも、ミュージカルとしても上演可能。
 
すでにかなりの上演がなされていまして、東京ハッスルコピーからは吹奏楽版のレンタルも始まりました。
ヴォーカル譜も出版準備が進んでいます。
 
そんな「銀河鉄道の夜」吹奏楽版が大阪で上演されます。
演奏は大阪桐蔭高校。
テレビでもおなじみ、言わずと知れた日本一の吹奏楽部です。
 
180人の部員が、文字通り全力で演奏します。
ただの音楽劇ともミュージカルとも違う、歌い、踊り、演じ、…う~ん説明しにくい…
兎に角必見の舞台です。
こんな上演に度と見られないかも…
 
2月19日と20日の2日公演。
場所は2500人以上のキャパシティの大阪フェスティバルホール。
19日の方は早々に完売だそうで…
20日の方は若干残っているようですが。
 
宣伝が遅いのは重々承知。
でも、ぜひ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2016年3月23日 (水)

銀河鉄道の夜、或いは、久しぶりな気がしない

久しぶりに乗った銀河鉄道。
それは過去の、帰りたくなる懐かしい場所、ではなく、
現在の、進みゆく「今」そのものだった。
「今」は、約7秒経つと「過去」に変わるのだという。
だから、一昨日乗った銀河鉄道の記憶は、もう過去のものになってしまった。
でも、思う。
過去を参考にし、理由にし、糧にしたとしても、
明日を創るのはやはり、「今」なのだ、と。
昨日まで隣にいた友の顔が、明日には遠くなる。
記憶の中の欠片になる。
でも、その「時」は動いている。
止まりはしない。
止めはしない。
今わかった。
自分が今を生き、相手も今を生きていると思えるからこそ、感じる実感なのだと。
少しの間会えない人よ。
僕は「今」を生きているから、あなたもあなたの「今」を生きてください。
また必ず、一緒の「今」を、刻める、歩める、時も来ると信じています。
素敵な演奏と歌と芝居。
僕も一緒に銀河鉄道に乗れたことを、誇りに思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

スクルージ

ミュージカル「スクルージ」

市さん(市村正親さん)主演
武田真治君や笹本玲奈さん、今陽子さん、今井清隆さん、田代万里生君、香寿たつきさん、畠中 洋さん、安崎 求さん、、、他の出演陣も実力派ぞろい。

12/15まで赤坂ACTシアターでやってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

ミュージカル「銀河鉄道の夜」2014

9月に再演予定だった、ミュージカル「銀河鉄道の夜」
残念ながら延期が決定した。
事情は様々あり、それについては納得いかないところもあるのだが…
まぁ、それはおいおい。

しかしオーケストラの録音は決まっている。
また、CDの発売も決定した。

そのオーケストラ録音が7月9日に都内某スタジオにて行われた。
前日リハに10:00~19:00、そして録音には10:00~23:00と言う時間を費やしてのレコーディングはなかなかに大仕事。
そしてそのまま編集作業を翌日13:00まで(僕はそこで時間切れだったが、エンジニアの皆さんはさらに時間を重ねたはず…)

様々な事情の中で許される、これは最高の出来だった。
時間がもっとあれば(=予算がもっとあれば)と言うのはいつでも付きまとう。
あと三日あれば、いや一日でもあれば、とは思う。
こだわればもっともっとやりたいこともある。
しかし、この制約の中だからこそできたものもあるのだ。
そのあたり、音楽って面白い。

そして僕が考える最高のオケメンバー。
彼ら彼女ら無くしては絶対にできなかった。
前日に皆さんからいただいたメールには、この作品に対する意気込みと愛をすごく感じたし、当日の超長時間録音にも真摯に、そして全力で演奏してくれた。

それにしても、今時なかなかないこんな長時間の録音で、クオリティが落ちないどころか、後半ますます熱気も完成度も上がっていく本当の意味でのプロの音楽家たちには、驚嘆と尊敬をかくせない。
来年の再演の際には必ずこのメンバーで演奏したいと思う。
本当に演奏したみなさん、ありがとうございました。

そして「ゴジラ」で忙しい中、楽譜を全部準備して下さった、ハッスルコピーの皆さん。
特筆すべきは超優秀なエンジニアのお二人。
この二人のおかげで、小さなオーケストラは100人にも匹敵する宇宙を感じる音になりました。

さて、次は歌入れである。
どんな歌が聴けるのか…
楽しみで、少し心配…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

ミュージカル「船に乗れ!」

船に乗れ!

船とはなにか。
人生であり、運命であり、選択である。

「お前の生き方、お前の選んだ道は正しいよ。
迷わずその道を歩きなさい。」

そんな風に誰かが言ってくれたら、
誰かが保証してくれたら、どんなに楽だろう。

でも、生きることはそんなに生易しくない。
みんな悩みながら、迷いながら、人生という道を歩いている。
青春という時を過ごしている。

分かれ道で迷うこともあるだろう。
でも、どの道を選んだとて、その道はきっとどこかへ続いている。
間違っても良い、迷っても良い。
そのことすらも、自分には大切な経験だったのだと、言える日がきっと来るから。

だから、恐れることなく船に乗ろう。
船酔いに慣れたからと言って、船が止まったなどと思ってはいけない。
船はまだ揺れている。
揺れ続いて、前へと進んでいく。

ミュージカル「船に乗れ!」
いよいよ稽古も大詰め、今日が最終舞台稽古です。

チケット取れますから欲しい方は連絡ください。
ちょっとだけ安くなります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

ライオン・キング

いよいよラストステージです。

12月8日、9日もう明日あさってだけですが、時間がある方ぜひ来てください。
語りたいことも想い出もありますが、まずはいつも通り精一杯演奏するのみ。

「初演のような緊張感と千秋楽のようなクオリティを」いつも忘れないようにやってきたつもりです。

初めて観るお客さんも100回観たお客さんも、納得してもらえるパフォーマンスを目指します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

一夜限りの銀河鉄道

今日は自宅で仕事
外は雪降り
我慢できずにちょっと外出しちゃおうかな、
山か海に

昨日は久しぶりに懐かしい顔が集まり顔合わせでした。
Ismfileget_3 一昨年好評を博しました劇団ひまわりのミュージカル「銀河鉄道の夜」
(宮沢賢治/原作 中島透/脚本・演出)
初めて全曲作曲したミュージカルで大変思い入れの強い作品です。
それが一日限りの復活になります。

アマチュアの吹奏楽団からの依頼により、“朗読と唄によるステージ作品”として再演です。
上演時のオーケストラがとても素晴らしく、そのメンバーともいつか必ず再演したいのですが、今回は特別バージョン。
これはこれで面白いものができそうです。
「一夜限りの…」なんて書きましたが、本番は5月2日の14:00開演(開場13:30)、真昼間ですね。

音楽の基本は「瞬間芸術」
心の中に後味を残して、7秒後には想い出に変わっていくのがライブ。
録音やヴィデオでは生の素晴らしさは味わえません。

もちろん録音を聴いたりヴィデオを観たりすれば音楽に接することができ楽しむことができます。
でも、それは言わば“標本”(とは言いすぎかもしれませんが…)

絵画や彫刻も動かないオブジェ。
でも、“生きている”と感じます。
観ると、心の中で解凍されて活き活きと瑞々しい生気を放ちます。
そして今回みんなの本読みを聞きながら、まったく同じ感覚を味わいました。
楽譜も台本もそのままでは単なる記号たち。
でも、人の手によって解凍されると動き出す、蘇る!

自分の録音やヴィデオを観るのとは全く違う、今目の前でリアルに飛び回る“音”達を見ながら、創った人間の喜びをかみしめていました。
世の作家さんはこんな感動を味わっているのですね。

5月2日13:30開場14:00開演、池袋東京芸術劇場です。
チケット差し上げます。(購入していただけるなら1000円です)
連絡下さい QZD15507@nifty.ne.jp

豊島区吹奏楽団との最後の共演になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

ひっぱれ~、ひっぱれ~!

友人・知人の多く出演している舞台、「ヒットパレード」を観てきました。

前回観た時も相当面白かったけれど、今回はもっともっと面白かった。
でも、曲はほとんど変わっていないような…
聴いてみたらやはりほとんど変わっていないんだそうです。
でも、歌は確実に上手くなってる気がする!
RAG FAIRも。
まあ、ピーナッツは交替しちゃったから仕方ないけれど…

戸田恵子さんはすごかった。
本当に素晴らしい!
久しぶりに楽屋でお会いしたけれど、前にも増して忙しそうだなぁ…
原田くんとは会えなかったけれど、僕はあの演技好きだなぁ…
CXの月9視聴率最低ラインを記録したという噂のドラマ「編集王」だって、僕は好きだった。

オケは見ていてうらやましい。
気持ちいいぐらいにオリジナルな音がする。
あきらさんも弾きっぱなしで大変そうだったけれど、楽しそう。
でも、最近とってもとっても忙しそうだし、明後日はいよいよ東京千秋楽だし、僕も明日からライオンだし、風邪もひどいし、お財布も落として凹んでるし、今日は顔見てちょこっとだけ話して帰ろう、と思っていたのに…

やっぱり会ったら結局行っちゃいました、ビリヤード。
それも深夜まで…
あきらさん!ごめん!疲れてるのに…その上わずかながら勝っちゃって、ありがとうございました!
明日はヒットパレードの前にクインテットの録音だって言ってましたね…
でも、いろんな話できて楽しかったです。

また行きましょう!絶対!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧