賢治の残した文章には心を打たれるものがいくつもあります。
このことばもそのひとつ。