賢治が弾いたと思われる当時のオルガン。
なんと、弾かせてもらうことができました。